コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮岬(読み)しおのみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮岬
しおのみさき

和歌山県最南端,太平洋に突出する岬。本州最南端に位置し,串本町に属する。長さ約 900mの砂州で紀伊半島と結ばれた陸繋島で,標高 40~60mの海食台地から成る。台地上には上野 (うわの) ,出雲などの集落があり,各家は防風林や石垣で囲まれている。黒潮の影響で気候は温暖。岬には明治時代に点灯した潮岬灯台測候所があり,1961年には観光タワー,72年には周遊線も完成して観光化が進んでいる。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

潮岬【しおのみさき】

和歌山県南端,本州の最南端(北緯33°26′)にあたる小半島。標高40〜60mの平たんな隆起海食台地が広がる陸繋(りくけい)島で,黒潮の流れが近く南国的な景勝地。狭義には南西端の岬をいい,ここに光達距離19カイリの灯台が立つ。串本町に含まれ,小漁業集落がある。吉野熊野国立公園に属する。
→関連項目串本[町]和歌山[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおのみさき【潮岬】

紀伊半島南端にある陸繫(りくけい)島。和歌山県串本町に属する。岬の先端は北緯33゜25′54″に位置し,本州最南端である。かつて島であったと思われるが,砂州によって本土と結ばれた。斑レイ岩からなり,表面はその風化した淡い黒ボク土壌が広がる。紀伊半島の海岸と同様に海岸段丘が発達し,標高40mと60m付近に平たん面が広がっている。温暖な気候を利用して,花卉の暖地栽培が行われている。大坂~江戸の廻船はこの沖合を回ったため,近世には岬の南西の上野(うわの)に遠見番所が置かれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しおのみさき【潮岬】

紀伊半島南端、太平洋に突出する本州最南端の岬。岬一帯は海抜40~80メートルの平坦な隆起海食台地からなる陸繫りくけい島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕潮岬(しおのみさき)


和歌山県紀伊(きい)半島の南端にある岬。本州最南端(北緯33度25分58秒)の地。陸繋島(りくけいとう)の潮岬半島は標高60~80mの隆起海食台で、黒潮が浸食した断崖(だんがい)と岩礁が連続する。半島南西部にある潮岬灯台は1873年(明治6)の建設で、全国15ヵ所の参観灯台の一つとして一般公開されている。一帯は吉野熊野(よしのくまの)国立公園南端の景勝地で、半島部を潮岬道路(黒潮ライン)が周回する。潮岬観光タワー・潮岬ユースホステル・望楼の芝などの各種観光施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮岬
しおのみさき

潮ノ岬、潮御埼、塩の岬とも書く。和歌山県南部、東牟婁(ひがしむろ)郡串本(くしもと)町にある岬。太平洋に臨む先端は北緯33度26分で本州最南端にあたる。串本から長さ約900メートルの砂州で結ばれた面積約7平方キロメートルの陸繋島(りくけいとう)の南端の岬で、岬の崖(がけ)上には1873年(明治6)点灯の潮岬灯台や観光タワーがある。
 なお、1889年(明治22)から1955年(昭和30)の串本町への合併まで陸繋島だけで潮岬村だったので島全体を潮岬ともよぶ。平坦(へいたん)な海成段丘で、集落には屋敷林や石垣がみられる。周囲は20~40メートルの海食崖(がい)をなす。吉野熊野国立公園域。島にはかつて捕鯨を行った出雲(いずも)、上野の漁村がある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮岬の関連情報