トースカン

デジタル大辞泉の解説

トースカン

《語源未詳》機械工作で、加工物に所定の水平線を引くための工具。ブロックに垂直な支柱を立て、この支柱に沿って上下できるように罫(け)書き針を取り付けたもの。台付き罫書き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トースカン【scribing block】

台にたてられた支柱にけがき(罫書)針が取りつけられていて,任意の高さや角度にできるようにしたもの(図)。定盤上に工作物と基準となる目盛付直定規,または直尺をおき,工作物にけがきをしたり,高さの測定などに用いる作業工具である。また旋盤のチャックにつけた工作物の芯出し作業にも用いられる。けがき針の両端はとがっていて,一端は90度に曲げられている。語源は不明。【横山 豊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トースカン

ブロックの底面に垂直な柱を立て、その柱に沿って、移動する罫書けがき針を取り付けた工具。定盤などの上に置き、水平な線を引いたりするのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トースカン

〘名〙 (語源未詳) 機械工作で、底面を平らに仕上げたブロックに垂直な棒を固定し、この棒にそって上下に昇降させることができるように罫書針(けがきばり)を取りつけたもの。工作物に定盤面と平行な線を罫引きする際に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android