コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トースカン トースカン

5件 の用語解説(トースカンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トースカン

《語源未詳》機械工作で、加工物に所定の水平線を引くための工具。ブロックに垂直な支柱を立て、この支柱に沿って上下できるように罫(け)書き針を取り付けたもの。台付き罫書き。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トースカン

先端を焼き入れた鋼の罫書(けがき)針を,台付きの柱に任意の高さや角度で固定できるようにした手工具。定盤上をすべらせて工作物に平行線を罫書したり,工作物の位置決めに用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トースカン【scribing block】

台にたてられた支柱にけがき(罫書)針が取りつけられていて,任意の高さや角度にできるようにしたもの(図)。定盤上に工作物と基準となる目盛付直定規,または直尺をおき,工作物にけがきをしたり,高さの測定などに用いる作業工具である。また旋盤のチャックにつけた工作物の芯出し作業にも用いられる。けがき針の両端はとがっていて,一端は90度に曲げられている。語源は不明。【横山 豊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トースカン

ブロックの底面に垂直な柱を立て、その柱に沿って、移動する罫書けがき針を取り付けた工具。定盤などの上に置き、水平な線を引いたりするのに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トースカン
トースカン

けがき」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トースカンの関連キーワード罫書き・罫描き支柱根世間の口に戸はたてられぬ竹垣煮立てる足掻きが取れない罫書似たり柿人工竹垣ハロン棒 (distance pole)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone