コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーダル・マル Tōdar Mall, Rājā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーダル・マル
Tōdar Mall, Rājā

[生]1523
[没]1589
インド,ムガル帝国第3代皇帝アクバル行政官,軍人。アクバルはイスラム教徒だけでなく,有能なヒンドゥー教徒も重用し,トーダル・マルもそのうちの一人であった。徴税のためムガル帝国領各地の測量を行ない,税率を決定したことで有名。以後「トーダル・マルの税率」は標準的な税率とみなされたという。武将としても優れ,ベンガル征服,グジャラートの反乱制圧などに活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トーダル・マルの関連キーワードトーダル・マルモンギール

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android