コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイジー Edward Adelbert Doisy

大辞林 第三版の解説

ドイジー【Edward Adelbert Doisy】

1893~1986) アメリカの生化学者。エストロンの抽出、エストラジオールの発見のほか、ビタミン K2 の分離、ビタミン K1 の合成に成功した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイジー
どいじー
Edward Adelbert Doisy
(1893―1986)

アメリカの生化学者。イリノイ大学、ハーバード大学に学ぶ。1923年セントルイス大学医学部教授。アレンEdgar Allen(1892―1943)とともに発情ホルモンを研究し、卵巣からエストロン分離した。また、マッコーコデールDonald William MacCorquodale、セイヤーSydney Thayerとともに1935年ブタの卵巣中にエストラジオールを発見するなど、性ホルモンに関する多くの業績を残した。1939年、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファの一種)および腐敗した魚肉から2種類のビタミンK活性物質を取り出し、ビタミンK1・K2と名づけた。K1の単離には同年C・P・H・ダムも成功している。ついでK1・K2の物理化学的性質を調べ、その構造を決定し、さらにビタミンK1の合成に成功した。これらの業績に対して1943年ダムとともにノーベル医学生理学賞を授与された。[石館三枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドイジーの関連キーワードダム(Carl Peter Henrik Dam)11月13日K2K1抽出

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android