コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドッソ・ドッシ ドッソ・ドッシ Dosso Dossi

2件 の用語解説(ドッソ・ドッシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドッソ・ドッシ
ドッソ・ドッシ
Dosso Dossi

[生]1479以後.マントバ?
[没]1542. フェララ
イタリアの画家。 1490年以前に生れた。フェララのエステ家宮廷を中心に活躍。本名 Giovanni di Luteri。ジョルジョーネティツィアーノベネチア派,さらにラファエロの影響を受け,フェララ絵画からは伝来の幻想性を受継いで,有名な『魔法使いキルケー』 (1530頃,ローマボルゲーゼ美術館) のような神話を主題とした作品や多くの宗教画を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドッソ・ドッシ
どっそどっし
Dosso Dossi
(1479ころ―1542)

イタリアの画家。生年については1490年ころとする異説もあり、マントバの近くで生まれ、フェッラーラで没したと考えられる。本名をジョバンニ・ルテーリGiovanni Luteriというが、一家が領地を所有していたマントバ近郊の地名に由来するドッソという通称で知られる。1514年ころフェッラーラのエステ家に仕えるようになり、以来、フェッラーラを中心に活動する。しかし、その様式にはジョルジョーネを筆頭とするベネチア派の影響が顕著である。代表作『キルケ』(1522ころ・ローマ、ボルゲーゼ美術館)には、ベネチア的な叙情性と風景描写に加えて、当時のローマ絵画から学んだと思われる堂々とした形態表現もみられる。彼の弟バッティスタBattista(?―1548)も画家であったが、2人は共同してタペストリーの下絵や陶器のデッサン、祝祭時の装飾などを手がけている。[石鍋真澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドッソ・ドッシの関連キーワードマントラリーマン幾何学ごまんと没・歿勃・歿・没釣鐘マントフロントバンパー塩ミントバスフェデリコ[2世](マントバ公)マントバ公国

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone