コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルケ キルケ Kirke

6件 の用語解説(キルケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルケ
キルケ
Kirke

ギリシア神話に登場する魔女。太陽神ヘリオスとオケアノスの娘ペルセイスの子で,魔薬によって人間を動物に変えることができ,スキュララチウムの王ピクスなどがその犠牲になったが,オデュッセウストロイからの帰途,彼女の住むアイアイア島を訪れたときには,彼の部下たちを豚に変えたあとで,オデュッセウスには魔法がきかなかったため,降参して彼の愛人となり,1年間一緒に住んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キルケ(Kirkē)

ギリシャ神話で、魔法にすぐれた女神。太陽神ヘリオスの娘。オデュッセウスの部下たちを魔法の酒で豚に変えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キルケ

ギリシア神話の女神。ヘリオスの娘。アイアイエ島に住む魅惑的な魔女。同島に着いたオデュッセウスの部下を豚に変えたが,オデュッセウスはヘルメスから入手した薬草モーリュで難をのがれた。
→関連項目メデイア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キルケ【Kirkē】

ギリシア神話の女神。太陽神ヘリオスの娘で,伝説的なアイアイエAiaiēという島に住み,魔法に長じていた。ホメロスの《オデュッセイア》によれば,オデュッセウスとその部下たちがこの島に着き彼女の館を訪れたとき,彼女は部下たちに魔法の酒を飲ませて豚に変えた。しかしオデュッセウスだけは,あらかじめヘルメス神から特別の魔除けの薬草を与えられていたので魔法がきかず,逆に彼に脅迫され,部下たちをもとの姿に戻すことを余儀なくされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キルケ【Kirkē】

ギリシャ神話の魔法に長じた女神。太陽神ヘリオスの娘で、伝説上の島アイアイエーに住む。この島に着いたオデュッセウスとその部下たちに魔法の酒を飲ませて部下を豚に変えたが、その後人間の姿に戻したという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルケ
きるけ
Kirke

ギリシア神話の魔女。また女神、ニンフともみなされる。太陽神ヘリオスとオケアノスの娘ペルセ(またはペルセイス)との娘。ホメロスによれば、伝説上の島アイアイア(後代ラティウム近辺のキルケイイ岬と目された)に住み、そのすみかは魔力によって野獣に変えられた人間たちで取り囲まれていた。ここに漂着したオデュッセウスは、探索に出した部下をブタに変えられてしまうが、自らはヘルメス神から与えられた薬草のおかげで魔術を免れ、部下を元の姿に戻すことにも成功した。そしてのちの1年間はこの島に滞在してキルケと同棲(どうせい)生活を送り、1子テレゴノスを得たが、ヘシオドスでは、アグリオスとラティヌスの2子が生まれたことになっている。またアルゴ船物語との関係では、キルケは姪(めい)にあたるメデイアがイアソンとともにこの島へやってきたとき、その弟アプシルトス殺害の罪を浄(きよ)めてやったとされている。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキルケの言及

【グラウコス】より

…オウィディウスの《転身物語》によれば,彼はもとボイオティア地方のアンテドンの漁夫であったが,たまたま口にした薬草のおかげで,上半身は人間,下半身は魚の姿をした海神となった。その後,まだ美少女だったスキュラSkyllaに求愛したものの相手にされなかったため,魔女キルケに助力を請うたところ,彼女はスキュラを海の女怪に変じてしまったという。この話はイギリスの詩人キーツの長詩《エンディミオン》の中でも,海神みずからの口から語られている。…

【チルチェオ[山]】より

…イタリア中部,ラツィオ州ラティナ県の,ガエタ湾北西端の岬をつくっている岩山(541m)で,多様な植物,珍しい動物が見られ,国立公園に指定されている。オデュッセウスの従者を豚に変えた魔女キルケ(チルチェ)の神話で知られ,海の浸食によってできた洞穴のひとつにもその名が冠せられている。それらの洞穴ではしばしば先史時代の人間の居住の形跡が見つかり,1939年にネアンデルタール人の骨が発見された。…

※「キルケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キルケの関連キーワードアポロンウシャスエオスヒュギエイアヒュペリオンヘラヘリオスボレアスヘリオスコープヘーベー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルケの関連情報