コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティツィアーノ Tiziano Vecellio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティツィアーノ
Tiziano Vecellio

[生]1488/1490. ピエーベ・ディ・カドーレ
[没]1576.8.27. ベネチア
イタリアの画家。長い生涯に多くの作品を残したルネサンス期のベネチア派最大の画家。ベリーニ兄弟(ジェンティーレ・ベリーニ,ジョバンニ・ベリーニ)に学び,ジョルジョーネの影響を受けた。1515年頃から『聖愛と俗愛』『フローラ』などでしだいに独自の画風を形成,『聖母被昇天』(1516~18),『バッカスとアリアドネ』(1520~23),『ペーザロ家の聖母』(1519~26)などで盛期ルネサンスの愛と自然への豊かな詩情を表現。ほかに『ウルビノのビーナス』(1538),『ダナエ』(1545)や,肖像画『パウルス3世と2人の孫』(1546),『カルル5世の騎馬像』(1548)などを描いた。『荊冠』(1570頃)は特異な色調と光の効果によって魂の究極的表現を可能にした晩年の傑作。後世に及ぼした影響は大きく,晩年には初期バロックの様式を予示している。(→ルネサンス美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ティツィアーノ

イタリア盛期ルネサンスのベネチア派を代表する画家。画家本人の誇張により生年は1476年または1477年とも言われる。北イタリアに生まれ,9歳の時ベネチアに出てモザイク師の門に入り,のちジョバンニ・ベリーニジョルジョーネに師事。
→関連項目オランピアグレコティントレットパルマ・イル・ベッキオプラド美術館ベロネーゼボルゲーゼ美術館ムリーリョ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティツィアーノ【Tiziano Vecellio】

1490ころ‐1576
イタリアの画家で,16世紀ベネチア派最大の巨匠。アルプス山麓のピエベ・ディ・カドレPieve di Cadoreで由緒ある公証人の家系に生まれる。兄フランチェスコFrancesco Vecellioも画家。伝承では,9歳のときベネチアに出てモザイク画家ツッカートSebastiano Zuccatoの門に入り,次いでベリーニ一族(とくにジョバンニ)の工房で学ぶ。早熟な才能を発揮し,1508年には同門のジョルジョーネの協力者としてフォンダコ・デイ・テデスキ(ドイツ人商館)の外壁装飾に参加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティツィアーノ
てぃつぃあーの
Tiziano Vecellio
(1482ころあるいは88/90―1576)

イタリア盛期ルネサンスのベネチアの画家。アルプスの麓(ふもと)のピエーベ・ディ・カドーレで生まれる。生年はつまびらかではない。彼の友人ドルチェはその著書『絵画についての対話』のなかで、ティツィアーノが9歳でベネチアのセバスティアーノ・ツッカートに入門し、やがてジェンティーレ・ベッリーニのもとに移り、ついでジョバンニ・ベッリーニ、さらにジョルジョーネと師をかえていったと語っている。その最初期に帰せられる作品にはジョバンニ・ベッリーニや、とくにジョルジョーネの影響を示すものが多く、『田園の合奏』(パリ、ルーブル美術館)のように、ティツィアーノとジョルジョーネ間で、作品の帰属をめぐって、いまだ定説をみないものもある。記録の裏づけのある最初の作品は1511年のパドバのフレスコ(スクオーラ・デル・サント)であるが、この作品は、鮮やかな色調や、精彩ある人物表現によって、これに先行すると考えられる作品群より、いっそうティツィアーノの個性を顕著に示している。1510年ジョルジョーネが没し、翌年セバスティアーノ・デル・ピオンボがローマに移住、16年にジョバンニ・ベッリーニが死去することによって、ティツィアーノは名実ともにベネチア画壇の第一人者となる。この時期、ベネチアのサンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂の祭壇画として描かれた『聖母被昇天』(1516~18)は、その壮大な構図と、赤や青を金色に包み込んだ色彩の天上的な響きとによって、画家の才能を遺憾なく示した。
 ティツィアーノのもっとも独創的な試みであり、また西洋絵画史上の一つの画期的なできごとでもあるのは、色彩を物体描写の役割から解放し、それに自足的表現力を与える方向へ大きな一歩を踏み出したことである。初期の作品にも認められる色彩の新鮮な用法は、年とともに伝統からの離反を鮮やかに示すに至る。このことは中期の作『荊冠(けいかん)』(ルーブル美術館)と、晩年のこれと構図的にもよく似た同主題の作品(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)とを比較するとき明らかである。
 彼の長い活動期は多数の作品を生んだ。そのなかには宗教画のほかに『パウルス3世と甥(おい)、アレッサンドロとオッタビオ・ファルネーゼ』(1546・ナポリ、カーポディモンテ美術館)のような肖像画や『ダナエ』(1553~54・マドリード、プラド美術館)のような異教的主題の作品も含まれる。神聖ローマ皇帝カール5世、教皇パウルス3世、やがてスペイン国王となるフェリペ2世をはじめとする当時の多くの貴顕が競ってティツィアーノに揮毫(きごう)を求め、画家はこれに、質・量ともに超人的な力をもってこたえたのである。[西山重徳]
『辻茂解説『世界美術全集8 ティツィアーノ』(1978・集英社) ▽D・ローザンド解説『ティツィアーノ』(1978・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティツィアーノの言及

【アレゴリー】より

…とくにフィレンツェのフィチーノピコ・デラ・ミランドラらの新プラトン主義者たちの果たした役割は大きく,〈聖書と神話との間に,かつて夢想もしなかった和解の可能性〉(セズネック)が提示された。ティツィアーノの《聖愛と俗愛》(1515ころ)には永遠の幸福と一時的な幸福(チェーザレ・リーパ),キリスト教的な高次の精神と低次の精神,新プラトン主義的な存在の2種のあり方(パノフスキー)など,種々のアレゴリーが指摘される。レオナルド・ダ・ビンチの《白貂を抱く婦人の肖像》のように,誇り高い白貂の性質によってモデルの〈純潔〉をたたえるなど,肖像画の中にモデルの理想とする徳性を寓意化することも少なくなかった。…

【ベネチア派】より

…フィレンツェにおいては建築,彫刻,絵画が相互に有機的な関連をもって発展し,むしろ前二者が絵画を主導したのに対し,ルネサンス期ベネチアの美術の最も重要な特徴は,わずかな例外(建築のコドゥッチM.Coducciや彫刻のリッツォA.Rizzo等)を除いて,もっぱら絵画の分野において独自の発展と豊饒な歴史的成果の達成が見られたことであろう。ベネチア派はしたがって絵画的流派であり,またその代表的な芸術家(ジョバンニ・ベリーニからジョルジョーネ,ティツィアーノ,ティントレット,ベロネーゼまで)もフィレンツェ派の知的理論的で多能な天才たち(アルベルティからレオナルド・ダ・ビンチ,ミケランジェロまで)とはまったく異なり,もっぱら感覚本位の専業画家であった。 ベネチア派の〈絵画的〉特性はさらに絵画自体の特質をも規定している。…

【マニエリスム】より

…フランドルのP.ブリューゲル(父)は,世界と人間に対するシニカルな見解とその世界像をアレゴリーによって表す複雑な主題性において,この潮流の中に加えられよう。第3の傾向は,主としてベネチアに繁栄した独自の絵画であり,ティツィアーノ,ベロネーゼ,ティントレットがこれを代表する。ティツィアーノとマニエリスムとの関係は論議中であるが,彼の作品は16世紀の半ばをすぎるにつれて宗教的情熱が強烈となり,自由なタッチによる大胆な絵画的表現が強まるとはいえ,最後まで合理性と自然らしさの枠を超えることのなかったことからみて,むしろ〈プレ(先期)・バロック〉的傾向とみるほうがふさわしい。…

※「ティツィアーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティツィアーノの関連キーワードサンタマリアグロリオーサデイフラーリ教会ヴィーナスとオルガン奏者とキューピッドフェルナンデス・デ・ナバレーテサンタマリアデッラサルーテ聖堂デスカルサスレアレス修道院フォンダコ・デイ・テデスキモレット・ダ・ブレシアフリック・コレクションパルマ・イル・ベッキョウルビーノのヴィーナスウォレス・コレクションドゥブロブニク大聖堂聖なる愛と俗なる愛ホフマンスタールフェデリーコ2世ベリーニ[一族]眠れるヴィーナスティティアーノボニファツィオティティアン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティツィアーノの関連情報