コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新世界より しんせかいより From the New World

5件 の用語解説(新世界よりの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新世界より
しんせかいより
From the New World

ドボルザークの交響曲第9番,ホ短調。作曲者が 1892年アメリカに招かれ,そこで受けた強い印象に基づいて作られたので,この名がある。完成は翌 93年,同年初演された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんせかいより【新世界より】

《原題、〈チェコZnového světaドボルザーク作曲の交響曲第9番の標題。米国滞在中の1892年から1893年にかけて作曲。新世界交響曲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

新世界より

貴志祐介の小説。2008年刊行。同年、第29回日本SF大賞受賞。人類が「呪力」と呼ばれる超能力を手に入れた1000年後の世界を舞台とするSFファンタジー2012年~2013年にかけて、テレビ朝日系列にてアニメ化作品を放映。漫画化作品もある。

新世界より

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響曲第9番(1893)。アメリカ滞在中に作曲された。ドヴォルザークの作品中で最もよく知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんせかいより【新世界より】

ドボルザーク作曲の交響曲第九番。四楽章。アメリカ滞在中の1893年に作曲、同年初演。黒人霊歌やネーティブ-アメリカンの音楽の要素を取り入れた作品。特に第二楽章ラルゴは、日本では「家路」として親しまれている。新世界(交響曲)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新世界よりの関連キーワードハードボードどぼんデッドボルトラッチボルトドグ・ド・ボルドー《アメリカ》(ドボルジャーク)ギヨーム・ド・ボルピアノドボルザーク,A.ドボルシャック,M.ベルトラン・ド・ボルン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新世界よりの関連情報