コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラゴー主義 ドラゴーしゅぎ Drago doctrine

2件 の用語解説(ドラゴー主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラゴー主義
ドラゴーしゅぎ
Drago doctrine

国家は,自国民が外国政府に対してもっている債権を回収するために武力を行使してはならないとする主義。 1902年 12月 29日アルゼンチンの外相 L.ドラゴーはベネズエラに対するイギリスドイツイタリア3国の共同武力干渉紛争に際してアメリカに覚え書を送り,国家は外国が自国民に対して負っている契約上の負債の支払いを保証するために軍事力を使用する権限をもっていないし,その軍事力の使用は債務国に対する干渉となると主張して,上記のヨーロッパ3国の行為を非難した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラゴー主義
どらごーしゅぎ
Drago doctrine

1902年のベネズエラ危機に際して、アルゼンチン外相ドラゴーLuis Maria Drago(1859―1921)が宣言した政策原理。ヨーロッパ諸国は、中南米諸国民から債権を徴集するために武力を行使してはならず、自己の責任で投資すべきであるというもの。ベネズエラの大統領カストロCipriano Castro(1858―1924)の財政が破産に瀕(ひん)し、イギリス、ドイツ、イタリア三国は債権取り立てのため軍艦を派遣してベネズエラを海上封鎖、沿岸を砲撃したが、アメリカ合衆国の仲介で解決した。アメリカのT・ルーズベルト大統領はドラゴー主義を修正し、モンロー主義の拡大解釈を行った(1904)が、07年の第2回ハーグ国際平和会議でこの原理は承認された。[高橋 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラゴー主義の関連キーワード交戦団体国語大使中央集権外交的保護個別概念司法国家国民感情日韓図書協定外国通貨建て

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone