コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルドーニュ川 ドルドーニュがわ Dordogne

2件 の用語解説(ドルドーニュ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルドーニュ川
ドルドーニュがわ
Dordogne

フランス南西部を流れる川。全長 472km。マシフサントラル (中央山地) 最高峰ピュイドサンシー (1886m) に源を発し,ボルドー北方約 26kmでガロンヌ川に合流し,ジロンド川三角江を経てビスケー湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルドーニュ川
どるどーにゅがわ
la Dordogne

フランス南西部の川で、ガロンヌ川の支流。全長472キロメートル流域面積2万4000平方キロメートル。マッシフ・サントラル(中央群山)北部、クレルモン・フェラン南西方のピュイ・ド・サンシー山北麓(ほくろく)に発し、オーベルニュ山地の間を多くのダムによる人工湖を経て西南流し、アキテーヌ盆地に出る。盆地に出てからは西流し、ベルベラック、リブールヌを経て、ガロンヌ川に合流し、河口部分は名称を変えてジロンド川となる。上流は電源開発が行われ、中・下流域は先史遺跡(洞穴壁画、ネアンデルタール人骨の出土)のあることで有名。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルドーニュ川の関連キーワード磐井川烏川ガロンヌ川コロンビア川セーヌ川セントローレンス川ダモダル川ロアール川留萌川バルテ種 (Barthais)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドルドーニュ川の関連情報