コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルニ・ベストニツェ Dolní Věstonice

世界大百科事典 第2版の解説

ドルニ・ベストニツェ【Dolní Věstonice】

チェコスロバキア,モラビア地方の後期旧石器時代の遺跡。第2次大戦後,まずK.アブソロンによって発掘が始められ,1950年にB.クリマが,5基の炉址をもつ,5m×9mの住居址を黄土層中に検出した。近くの沼跡には100頭ほどのマンモスの骨が重なって捨てられてあり,肉の貯蔵所かと思われる。またその住居址の縁部には,40歳くらいの女性の埋葬が認められた。横臥屈葬で赤色顔料がかけられ,2枚のマンモスの肩甲骨で覆ってあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドルニ・ベストニツェの言及

【竪穴住居】より

…そして新石器時代に入ると各地でさまざまに発達した。
【ヨーロッパ】
 後期旧石器時代オーリニャック文化にあたるチェコスロバキアのドルニ・ベストニツェ遺跡では,大小の竪穴住居が見つかり,大は15m×9mの楕円形で,共同家屋と考えられている。小は径6mの円形で,傾斜面にあるため,高い方の地面を削り,低い方は粘土と石で弧状に盛り上げており,中央に炉がある。…

【土偶】より

…材質に違いはあるものの,ヨーロッパや西アジアの土偶と同様の願いをこめた女性像である。土偶は新石器時代に入って広く製作されるようになったが,チェコスロバキアのドルニ・ベストニツェのオーリニャック期の住居址からは,明らかに粘土を焼いて作ったビーナス像が出土しており,これが世界最古の土偶である。メソポタミアでは新石器時代初頭の土器のまだ現れない時期に,すでに女性像や人間の頭を表現した土偶があり,ハラフ文化期には足をそろえてうずくまった写実的な女性像と,より抽象化された土偶とがある。…

※「ドルニ・ベストニツェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドルニ・ベストニツェの関連キーワードチェコスロバキア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android