コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガスクジラ ナガスクジラ Balaenoptera physalus; fin whale

4件 の用語解説(ナガスクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガスクジラ
ナガスクジラ
Balaenoptera physalus; fin whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科ナガスクジラ属。最大体長は約 27m。大きいものは体重約 75tに達する。出生体長6~6.5m。体色は背部が黒色あるいは黒褐色で,腹部が白色である。下顎は左右非対称で右側が白色,左側が黒色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナガスクジラ

クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。雌は雄よりやや大きく,体長は平均オス18.8m,メス20.0m,最大体長記録は26.0mに達する。背面はほぼ黒色,腹面は白い。
→関連項目クジラ(鯨)鯨肉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ナガスクジラ

 ヒゲクジラの一種.全長20mになる.食用にしていたが,現在は捕獲が禁止されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガスクジラ
ながすくじら / 長須鯨
fin whale
[学]Balaenoptera physalus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。鯨(げい)類のなかでシロナガスクジラに次いで大きく、26.8メートルの体長測定記録がある。紡錘形で、鎌(かま)形の背びれがあり、腹側に下顎(かがく)からへそまで約60本の畝(うね)が並んでいる。くじらひげは口蓋(こうがい)の両側に、片側約400枚ずつ生え、灰緑色で、右側前部は白黄色である。背部は黒色、腹部は白色であるが、左右不相称。肛門(こうもん)部と胸びれ部に特徴的な黒条がみられる。
 世界の海に広く分布し、地中海や日本海などの付属海にも分布する。夏は高緯度海域で索餌(さくじ)し、冬には中・低緯度海域で繁殖する。餌料は動物プランクトンのオキアミ類や橈脚(とうきゃく)類を主とするが、群集性魚類やイカも食べる。本種は多くの系統群に分かれるが、近代捕鯨の開発初期の資源量としては、南半球に40万頭、北太平洋に5万頭、北大西洋に4万頭が存在していたと推定される。近代捕鯨の主対象種で、資源はそれによって減少したため、捕獲を禁止して回復が図られている。[大隅清治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガスクジラの関連キーワードイワシクジラ鰯鯨小鰯鯨克鯨白長須鯨歯鯨鬚鯨長須鯨ヒゲクジラナガスクジラ(長須鯨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナガスクジラの関連情報