コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツズイセン(夏水仙) ナツズイセンLycoris squamigera; hardy cluster amaryllis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツズイセン(夏水仙)
ナツズイセン
Lycoris squamigera; hardy cluster amaryllis

ヒガンバナ科の多年草。観賞用に庭園などに栽培され,また墓地などに野生状態で生えているが,本来の自生ではなく,原産は中国大陸あたりと考えられている。地中にある径4~5cmの大きい広卵形の鱗茎から,春に淡緑色のを伸ばし,葉は夏に枯死する。8月頃,高さ 60cm内外の直立した花茎を出し,先に4~8個の淡紅紫色の花を散形花序につける。花は外側に向いて開き,花被は6枚あって長さ 10cm内外。三倍体で結実しない。和名は葉がスイセンに似ていて,夏開花することによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナツズイセン(夏水仙)【ナツズイセン】

ヒガンバナ科の多年草。本州中部以北の人家付近に野生状態でみられるが,中国から渡来したものが野生化したともいわれる。春,長さ30cm,幅2cmほどの葉が群出し,夏枯れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ナツズイセン(夏水仙)の関連キーワードヒガンバナ科ヒガンバナ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android