コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツフジ(夏藤) ナツフジMillettia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツフジ(夏藤)
ナツフジ
Millettia japonica

マメ科のつる性の落葉低木。ドヨウフジともいう。山地または低地の林中に他木に巻きついて生え,西日本の照葉樹林のへりなどに多くみられる。葉は互生し,5~7対の小葉から成る奇数羽状複葉で,長さ 30cmに達する。夏,葉腋からフジに似た長さ 10~30cmの細長い総状花序を下垂し,多数の緑白色の蝶形花をつける。花後,長さ6~9cmの莢をつくる。全体としてフジ属 Wisteriaに似ているが,花序が腋生する点などで異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナツフジ【ナツフジ(夏藤) Millettia japonica A.Gray】

小型のフジのようなマメ科のつる性落葉樹で,ときに観賞用として庭園で栽培される。ドヨウフジ(土用藤)ともいうが,フジとは別属。茎は右巻きで細い。葉は互生し,羽状複葉で,長さ15~30cm,11~17枚の奇数個の小葉をつける。小葉は卵形か長楕円形で,長さ2~9cm,幅1~2cm,ほとんど無毛。7~8月に葉腋(ようえき)から長く伸びて垂れ下がる花穂に,多数の蝶形花をつける。和名はこのようすを夏のあるいは土用の藤と見立てたもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android