コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポリ大学 ナポリだいがくUniversità degli Studi di Napoli

世界大百科事典 第2版の解説

ナポリだいがく【ナポリ大学 Università degli Studi di Napoli】

1224年に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって,教皇権と密接に関係したボローニャ大学に対抗する大学として設立された。ボローニャが学生組合主体の自生的大学であったのに対して,皇帝権という普遍的権力による最初の設立型中世大学として注目される。サレルノを除くシチリア王国唯一の大学として認められ,領民は他大学での修学を禁じられたが,大学が繁栄をみるのは13世紀中葉のシャルル・ダンジューによる改革以後である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナポリ大学の言及

【カンパニア[州]】より

…ローマ帝国崩壊後は,ランゴバルド族が侵入,12世紀中ごろにはノルマン人の支配下に入り,シチリア王国の一部となった。沿岸諸都市はシチリアや東方との交易により繁栄し,サレルノの医学校の発展,ナポリ大学創立(1224)など,ノルマン諸王の政策とあいまって黄金期を築いた。1442年にフランスのアンジュー家からスペインのアラゴン王家に支配が移ると,ナポリ王国はヨーロッパでも最も華やかな宮廷の一つとして,南イタリアのルネサンスが開花。…

【大学】より

…一方,大学の発展に促されて(後に〈大学〉は,〈教皇権〉〈皇帝権〉と並称された),13世紀以降,とくに14~15世紀に,都市や皇帝・国王も,その威信と官僚養成をめざして,大学の創設に積極的に加担した。神聖ローマ皇帝によるナポリ大学(1324)の創設を端緒として,スペインのサラマンカ大学(1330ころ),帝国領内のプラハ大学(カレル大学。1347),ウィーン大学(1365),クラクフのヤギエウォ大学(1364)などの大学が次々と創設された(〈創られた大学〉と呼ばれる)。…

【フェランテ】より

…国家秩序の再建に努力し,文化の振興に努めた。永らく機能していなかったナポリ大学を再建した。ローディの和(1454)の後,ミラノ,フィレンツェ,ベネチア3国の結んだ〈イタリア同盟〉に参加し,ロレンツォ・デ・メディチとともにイタリア半島の政治的安定のシンボルとなった。…

※「ナポリ大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナポリ大学の関連キーワードビコ(Giambattista Vico)ガット(Alfonso Gatto)サルヴァトーレ ディ・ジャーコモフランチェスコ・S. ニッティフランチェスコ トラーパニジョルジョ ナポリターノインノケンチウス11世アメディオ マイウーリエルネスト チェザーロラファエル ガロファロリッカルド ムーティパオロ プッディーヌレナート ルジェロディ・ジャーコモE. マラテスタセッテンブリーニG. サルビオリシルヴァ コシナA. デュクレーデ・サンクティス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android