ナミフエダイ(読み)なみふえだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミフエダイ
なみふえだい / 波笛鯛
blubberlip snapper
[学]Lutjanus rivulatus

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。和歌山県以南の太平洋沿岸、屋久島(やくしま)、琉球(りゅうきゅう)諸島、台湾、中国広東(カントン)省沿岸、南シナ海、サモア諸島など太平洋、インド洋に分布する。三浦半島で幼魚がとれたこともある。体はタイ形で体高は高く、よく側扁(そくへん)する。体高は体長の2分の1またはそれよりわずかに低い。頭の背縁の傾斜は急。眼下幅は広く、眼径のおよそ2倍。口は大きく、口唇は成魚では著しく厚い。体の側線上方の縦列鱗(じゅうれつりん)は斜め上後方に向かう。背びれは10棘(きょく)15~16軟条。背びれ軟条部の縁辺は丸いが、臀(しり)びれ軟条部は明瞭(めいりょう)にとがる。尾びれの後縁はわずかに湾入するかまたは截形(せっけい)(後縁が上下に直線状)。体は赤色を帯びた褐色。体側の各鱗(うろこ)の縁辺は淡褐色で、中央部に2~3個の小さい青白色の斑点(はんてん)がある。頭部に多くの波を打つ青白色線があり、これが和名の由来となっている。口唇は黄褐色。各ひれはほとんど黄色~暗灰褐色。幼魚は体側に3~8条の褐色帯があり、背びれ軟条部下の側線上に幅広い黒色で囲まれた白点がある。フエダイに似るが、本種には頭部に多くの青白色の波線があることや、体側の白点が側線の上にあることなどで区別できる。体長は60センチメートルあまりに達するが、普通は30センチメートルほどのものが多い。体長約45センチメートルで成熟する。沿岸の岩礁やサンゴ礁域で単独または15~20尾の小群で生息し、魚類、頭足類、底生の甲殻類などを食べる。一本釣り、刺網(さしあみ)、ときどき底引網で漁獲される。磯(いそ)でも釣れる。白色の肉で、刺身、塩焼き、煮つけなどにすると美味である。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナミフエダイの言及

【フエダイ(笛鯛)】より

…全長40cmほどになる。従来,フエダイにはL.rivulatusの学名があてられていたが,真のL.rivulatus(ナミフエダイ)とは異なることが明らかにされ,L.stellatusの新学名が提唱された。ナミフエダイは頭部には22~24本の波状の青色縦線があり,体部のうろこに灰白色の点をもつ。…

※「ナミフエダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる