コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナリチク ナリチク Nal'chik

3件 の用語解説(ナリチクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナリチク
ナリチク
Nal'chik

ロシア南西部,北カフカズカバルダバルカル共和国の首都。大カフカズ山脈中部北麓にあり,テレク川水系ナリチク川にのぞむ。 1818年ロシアの要塞として建設された。ロシア革命後発展し,現在,冶金 (モリブデン) ,機械,化学,食品などの工業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナリチク【Nal’chik】

ロシア連邦の南西部にあるカバルディノ・バルカル共和国の首都。大カフカス山脈の北麓に位置し,人口24万2300(1992)。1818年ロシア帝国の要塞として建設され,その南下の拠点となる。十月革命後,1921年カバルダ自治州の州都,36年自治共和国の首都となった。冶金,工作機械,電気機器,食品工業が盛ん。保養地,旅行・登山の基地としても知られる。【高橋 清治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナリチク
なりちく
Нальчик Nal'chik

ロシア連邦南西部に位置し、同連邦に属するカバルディノ・バルカリア共和国の首都。人口23万4700(1999)。カフカス山脈北麓(ほくろく)の丘陵を刻むナリチク川(カスピ海に注ぐテレク川支流)に臨む。この国最大の工業都市で、「北カフカス電気機械工場」があるほか、遠隔操作機器、冶金(やきん)、化学などの工場があり、大学、郷土館が置かれている。カフカス山脈への登山基地、鉱泉浴や高原の転地療養地としても知られる。1882年ロシアの要塞(ようさい)として発足し、1921年市が創設された。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナリチクの言及

【カバルディノ・バルカル[共和国]】より

…面積1万2500km2,人口75万3000(1989)。首都はナリチク。1921年9月カバルダ自治州が設けられ,22年1月カバルディノ・バルカル自治州に改編,36年12月5日自治共和国となった。…

【カフカス[山脈]】より

…雪線は標高2800~3500m,山腹は広葉樹林帯,針葉樹林帯,高山草原帯など植物の垂直変化がよく観察される。地下資源は豊富で,エリブルス山北麓のナリチク付近でモリブデン,タングステン,亜鉛,スズなどが採掘されるほか,石油,石炭,大理石,重晶石などが知られる。カフカス越えの南北交通路にはグルジア軍用道路,オセティア軍用道路の2本があるが,両者とも標高2500m前後の峠を越えなければならず,夏季以外の通行は困難である。…

※「ナリチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナリチクの関連キーワードコミヨーロッパロシアロシア連邦労農ロシアカバルダバルカルНальчикバシコルトスタンロシア連邦共産党カバルディノ・バルカル[共和国]ダゲスタン[共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone