ナンセンス

精選版 日本国語大辞典「ナンセンス」の解説

ナンセンス

(nonsense)⸨ノンセンス
[1] 〘名〙 (形動)
① 意味をなさない事柄。意味を持たない事柄。また、そのさま。無意味
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「新五が斯様な無意味(ノンセンス)を書くには弱った」
② 知能・理解力が低いこと。また、そのさま。
※解剖室(1907)〈三島霜川〉「此の位のことが解らんやうぢゃ、諸君の頭はノンセンスだ」
③ 実際にはありそうもない、通常の論理を踏みはずた事柄。また、そのさま。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「殺された人間が起き上って煙草を吸ったり鼻唄をうたったりするナンセンスには一寸笑へない凄味があった」
④ 相手の考え、行動などに対して否定的な価値判断を下していう。だめなこと。ばかげているさま。
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和七年(1932)七月「かう云ふナンセンスな、馬鹿々々しい犯罪が」
[2] 〘感動〙 相手の言い分を頭から否定しようとする時に発することば。
※何処へ(1908)〈正宗白鳥〉八「ノンセンス!〈略〉開闢以来億万人の人間が為古したことだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のナンセンスの言及

【ノンセンス】より

…日本語のなかで,〈ノンセンス〉という語と〈ナンセンス〉という語ははっきり区別されているわけではない。ある荒唐無稽なものごと,できごと,ことばがあるとして,それを〈たわいない,ばかばかしい〉と笑いとばして終りにすれば,その対象はナンセンスと呼ばれる。…

※「ナンセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android