ニガイチゴ(読み)にがいちご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガイチゴ
にがいちご / 苦苺
[学]Rubus microphyllus L. f.

バラ科の落葉低木。地下茎で盛んに繁殖する。高さ約50センチメートル、まれに1メートルを超す。よく分枝し、枝はやや細く多少粉白色を帯び、大きな刺(とげ)がある。葉は互生し、単葉で長さ2~5センチメートル、多くは浅裂または中裂し、下面は白色。4~5月、3センチメートル以下の新枝を出し、先に白色で径約2センチメートルの5弁花を1個開く。集合果は球形で、赤色に熟す。食べられるが、核が苦く感じられる個体があり、ニガイチゴの名がついた。本州から九州の山野に普通に生え(日本海側はまれ)、中国にも分布する。近縁種ミヤマニガイチゴは花は2、3個開き、花枝は3センチメートル以上になる。花枝上の葉は3センチメートル以上で、切れ込みは深い。1000メートル以上の山地に分布する。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニガイチゴの言及

【キイチゴ(木苺)】より

…モミジ(カエデ)に似た葉をもつモミジイチゴR.palmatus Thunb.(イラスト)は,山地に普通で,花弁は白色,果実は橙色でおいしい。果実の内果皮が苦いニガイチゴR.microphyllus L.f.(イラスト)は,花弁は白色,果実は赤色である。花弁が暗赤色のベニバナイチゴR.vernus Fockeは,本州と北海道の高山に見られ,果実は赤く熟し,北アメリカのsalmonberryと最も似ている植物である。…

※「ニガイチゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android