コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニギス ニギスGlossanodon semifasciatus

3件 の用語解説(ニギスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニギス
ニギス
Glossanodon semifasciatus

ニギス目ニギス科の海水魚。体長 20cm内外。体は細長く円筒形で,眼が大きい。鱗は円鱗で落ちやすい。体は銀白色で,背側はやや藍色がかっており,側線より背側に黒褐色の斑紋が 7~10個ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニギス
にぎす / 似鱚
Japanese argentinedeepsea smelt
[学]Glossanodon semifasciatus

硬骨魚綱ニギス目ニギス科に属する海水魚。青森県以南の日本海太平洋東シナ海に分布する。オキイワシオキギスミギスなどともいう。体は細長く、目は大きくて青色に光る。口は小さく、上下両顎(りょうがく)に歯がない。背びれは体の中央部にあり、腹びれより前に位置する。脂びれがある。全長23センチメートルぐらい。沖合の水深200~350メートルの砂泥底に分散してすむが、産卵期には水深150~200メートルに集まる。
 産卵はほとんど一年中にわたるが、秋と春が盛期である。生殖腺(せん)は左右とも前後両葉に分かれ、肥大するにつれて両葉は接近して完熟時には相接する。完熟卵は径1.5ミリメートル。孵化(ふか)直後の仔魚(しぎょ)は全長4ミリメートルほど。生後1年、全長14センチメートルごろから成熟しだす。寿命は2年半か3年。おもにオキアミ類、端脚(たんきゃく)類(ヨコエビ、ワレカラなど)などの浮遊性小エビ、小イカ、タコ類、ヤムシなどをすこしずつ食べる。底引網によって漁獲される。好漁場の底層水温は10~15℃、漁獲量は10月にもっとも多い。肉は独特の風味があり、鮮魚または干物にして食べる。干物は、高知ではオキウルメの名称で販売されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニギスの関連キーワード遊動円木海氷シロチョウガイマベガイイワシカラスムギキャッサバクズ(葛)輪投げシーバスフィッシング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニギスの関連情報