コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコバル諸島(読み)ニコバルしょとう(英語表記)Nicobar Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコバル諸島
ニコバルしょとう
Nicobar Islands

ベンガル湾南東部,北緯7°~10°,東経 92°~94°にかけて南北に連なるインドの島群。アンダマン諸島とともにアンダマン・ニコバル連邦直轄地を構成。ミャンマー西岸ラカイン山地からスンダ列島にいたる造山帯の一部をなす。 19の島から成り,行政中心地カカナのあるカルニコバル島,良港コイホアをもつカモルタ島,諸島中最大のグレートニコバル島 (862km2) などが主島。住民はマレー人とビルマ人の混血で,ココヤシ,ヤムイモの栽培,野生ブタの猟,漁業などに従事。 1869年からイギリス領で,流刑地として利用された。 1942年から3年間,日本軍の補給基地であった。総面積 1841km2。人口3万 9022 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニコバル‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ニコバル諸島】

Nicobarベンガル湾南東部にある諸島。インド領。19世紀後半から英国の流刑地で、第二次大戦中は日本軍の占領下にあった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコバル諸島
にこばるしょとう
Nicobar Islands

ベンガル湾南東部にあるインド領の諸島。北緯6~10度の300キロメートルの間に点在する24の島からなる。総面積1950平方キロ、人口3万9208(1991)、12島は無人島である。名称は、13世紀にマルコ・ポーロがニコベラン(裸の意)とよび、その後ポルトガル宣教師がニクバルとなまって発音したことに由来する。19世紀後半からイギリスの流刑植民地で、第二次世界大戦中は日本軍の占領下にあり、1950年アンダマン・ニコバル諸島としてインド中央政府直轄地区となった。南端の大ニコバル島が最大の島で面積1050平方キロメートル、チュイリエ山(632メートル)がそびえる。北端は行政の中心地であるカーニコバル島があり、行政副理事官が在駐し海軍基地もある。ほかにコモルタ島、ナンコウリイ島、チョウラ島、小ニコバル島などがある。
 年中高温多湿で、気温は22~30℃、年降水量は2500~3000ミリメートルで、沿岸にはサンゴ礁が発達する。近海で発生するサイクロンの襲来に悩まされる。ジャングルを切り開き、ココヤシ、タコノキ、バナナのプランテーション農業が行われるが、穀物の生産は少ない。木材、香辛料も輸出され、漁業も盛んである。島の先住民はマレー半島から渡来したといわれるニコバル人で、その混血をあわせると人口の90%を占め、ニコバル語を話す。ほかに、短身・色黒でモンゴル系とネグリト系の中間の特徴を有するションペン人が原始的な生活を営むが、現在は絶滅に瀕(ひん)し、大ニコバル島にだけその存在が確認されている。大型汽船がカーニコバル島とコルカタ(カルカッタ)、チェンナイ(マドラス)間を結ぶ。[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android