コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコバル諸島 ニコバルしょとう Nicobar Islands

3件 の用語解説(ニコバル諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコバル諸島
ニコバルしょとう
Nicobar Islands

ベンガル湾南東部,北緯7°~10°,東経 92°~94°にかけて南北に連なるインドの島群。アンダマン諸島とともにアンダマン・ニコバル連邦直轄地を構成。ミャンマー西岸アラカン山脈からスンダ列島にいたる造山帯の一部をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニコバル‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ニコバル諸島】

Nicobarベンガル湾南東部にある諸島。インド領。19世紀後半から英国の流刑地で、第二次大戦中は日本軍の占領下にあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコバル諸島
にこばるしょとう
Nicobar Islands

ベンガル湾南東部にあるインド領の諸島。北緯6~10度の300キロメートルの間に点在する24の島からなる。総面積1950平方キロ、人口3万9208(1991)、12島は無人島である。名称は、13世紀にマルコ・ポーロがニコベラン(裸の意)とよび、その後ポルトガル宣教師がニクバルとなまって発音したことに由来する。19世紀後半からイギリスの流刑植民地で、第二次世界大戦中は日本軍の占領下にあり、1950年アンダマン・ニコバル諸島としてインド中央政府直轄地区となった。南端の大ニコバル島が最大の島で面積1050平方キロメートル、チュイリエ山(632メートル)がそびえる。北端は行政の中心地であるカーニコバル島があり、行政副理事官が在駐し海軍基地もある。ほかにコモルタ島、ナンコウリイ島、チョウラ島、小ニコバル島などがある。
 年中高温多湿で、気温は22~30℃、年降水量は2500~3000ミリメートルで、沿岸にはサンゴ礁が発達する。近海で発生するサイクロンの襲来に悩まされる。ジャングルを切り開き、ココヤシ、タコノキ、バナナのプランテーション農業が行われるが、穀物の生産は少ない。木材、香辛料も輸出され、漁業も盛んである。島の先住民はマレー半島から渡来したといわれるニコバル人で、その混血をあわせると人口の90%を占め、ニコバル語を話す。ほかに、短身・色黒でモンゴル系とネグリト系の中間の特徴を有するションペン人が原始的な生活を営むが、現在は絶滅に瀕(ひん)し、大ニコバル島にだけその存在が確認されている。大型汽船がカーニコバル島とコルカタ(カルカッタ)、チェンナイ(マドラス)間を結ぶ。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコバル諸島の関連キーワードインドシナ半島ベンガル文学ベンガル湾ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブベンガル山猫ベンガラ糸ベンガルールベンガルタイガーベンガル虎西ベンガル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコバル諸島の関連情報