コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[オートルクール] Nicolaus de Ultracuria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス[オートルクール]
Nicolaus de Ultracuria

[生]?
[没]1350以後
フランスのオッカム主義哲学者。フランス名は Nicolas d'Autrecourt。 1320~27年パリ大学教授,著書が 1346年に異端を宣告され,禁書処分を受けた。確実な認識の基準として直接的明証のみを認め,基本原理として矛盾律をとって,原因から結果,偶有性から実体へという推論が確実ではないと批判した。この因果性の概念の批判ゆえに中世のヒュームと呼ばれる。この理論によって神の存在は証明しえないものとなり,また自然学ではアリストテレス的質料形相説は捨てられ原子説が取り入れられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニコラウス[オートルクール]の関連キーワード正平フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語ナーガラクルターガマ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android