コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[オートルクールの] Nicolaus de Ultricuria

1件 の用語解説(ニコラウス[オートルクールの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニコラウス[オートルクールの]【Nicolaus de Ultricuria】

1300ころ‐1350ころ
フランススコラ神学者。フランス名Nicolas d’Autrecourt。パリ大学で哲学,神学を学んだが,1346年異端宣告を受け,バイエルンルートウィヒ4世の宮廷に逃れたと伝えられる。認識の感覚起源説と矛盾律とを武器に,アリストテレスおよびアベロエス学派の立場を批判し,そのおもな学説は論証的確実性を有せず,蓋然的であるにすぎないと主張した。しばしば伝えられるところに反して,彼は因果律そのものを否定したのではなく,その論証可能性を否定したにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニコラウス[オートルクールの]の関連キーワードギヨームビュリダンフォスコロドゥンススコトゥスエコロジカルバランスルブルックアトランティスのこころコロネ・フィルトラングラン・アングロ・フランセ・トリコロールフレンチ・トリコロール・ハウンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone