コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[オートルクールの] Nicolaus de Ultricuria

1件 の用語解説(ニコラウス[オートルクールの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニコラウス[オートルクールの]【Nicolaus de Ultricuria】

1300ころ‐1350ころ
フランススコラ神学者。フランス名Nicolas d’Autrecourt。パリ大学で哲学,神学を学んだが,1346年異端宣告を受け,バイエルンルートウィヒ4世の宮廷に逃れたと伝えられる。認識の感覚起源説と矛盾律とを武器に,アリストテレスおよびアベロエス学派の立場を批判し,そのおもな学説は論証的確実性を有せず,蓋然的であるにすぎないと主張した。しばしば伝えられるところに反して,彼は因果律そのものを否定したのではなく,その論証可能性を否定したにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ニコラウス[オートルクールの]の関連キーワード正平平城遷都1300年記念事業フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone