コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーリ Berle, Adolf Augustus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーリ
Berle, Adolf Augustus

[生]1895.1.29. ボストン
[没]1971.2.17. ニューヨーク
アメリカの法律家外交官。 1916年ハーバード大学法学部で法学修士を取得。 16~17年ボストンで,19年ニューヨークで弁護士を開業。 33年 F.ルーズベルト大統領のブレーン・トラスト一員として経済顧問に就任。次いで 38~44年国務次官として第2次世界大戦中の外交問題を処理。 45~46年ブラジル駐在大使。 61年 J.ケネディ大統領のラテン問題特別顧問に就任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バーリ

イタリア南部,プーリア州州都アドリア海岸の港湾都市で,南イタリアではナポリにつぐ商工業の中心。鉄鋼,自動車,精油,繊維,食品加工などの工業が行われる。旧市街に11世紀のサン・ニコラ聖堂(サンタ・クロース伝説のもとになったミュラのニコラウスの遺骸安置),大聖堂,スウェビ城などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バーリ

ビルケンシュトックが販売するサンダル。同社のブランド「パピリオ」の製品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーリ【Bari】

イタリア南部,プーリア州の州都で同名県の県都。古称バリウムBarium。人口33万8949(1994)。イタリア半島南部ではナポリに次ぐ大都市で,アドリア海に面する貿易港。食品加工業(オリーブ油ブドウ酒)が盛んであるほか,アフリカ,中東を対象とした〈東方見本市〉の開催地。ローマ時代から港として栄え,交通の要所であった。中世初期には約2世紀にわたってビザンティン帝国ランゴバルド族のベネベント公国の争奪地となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーリの関連キーワードハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャンガーディナー・コイト ミーンズジャンリーコ カロフィーリオアルベロベッロのトゥルッリジャンルカ ザンブロッタカステッラーナの鍾乳洞ロベルト・グイスカルドニコラウス[ミュラの]グレート・ノーザン鉄道ミカエル ファウスベルオーバーリン・カレッジカステルヒクソン グレイシージョシュ バーネットマルコ マテラッツィチーク・トゥ・チークアントニオ コンテピーノ パスカーリブラジリアン柔術資本と経営の分離

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーリの関連情報