コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニゴイ

2件 の用語解説(ニゴイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニゴイ

コイ科の魚。地方名ミゴイ,マジカ,セイタッポなど。ふつう全長30cm程度。口辺にひげが1対。本州,四国,九州北部に分布。平野部の湖沼や大きな川にすみ,汽水域にも下る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニゴイ
にごい / 似鯉
[学]Hemibarbus barbus

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚カワゴイ、ミゴイ、マジカ、サイなど多くの地方名がある。本州のほぼ全域と筑後(ちくご)川、吉野(よしの)川に分布していたが、現在では四国・九州の各地にもみられる。国外での分布は朝鮮半島、中国大陸、台湾島、海南島。全長60センチメートル以上に達する大形の半底生魚で、外形はコイとかなり異なる。ひげも1対である。湖や池、大きい河川の中・下流域に群生し、水生昆虫と貝類を主食にしている。一尾で1000~2000匹のユスリカを食っていることもある。大形個体は大きく深い淵(ふち)に集中していることが多い。春から夏に、赤褐色の卵を砂礫(されき)底に産み付ける。近年の水質汚濁や富栄養化はウグイを減少させて本種を増加させる傾向があり、肉が不味で利用価値に乏しいので、漁師には嫌われている。
 日本海側は九頭竜(くずりゅう)川、太平洋側は淀(よど)川以西の本州に分布する近縁種のズナガニゴイH. longirostrisは、ニゴイよりも小形の魚で、体とひれに多数の小黒斑(こくはん)がある。生態はニゴイに似ている。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニゴイの関連キーワードイシガレイイトヨリダイウグイオイカワメイタガレイ似鯉マジカルキダイ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニゴイの関連情報