コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザーム・アルムルク Niẓām al‐Mulk

世界大百科事典 第2版の解説

ニザーム・アルムルク【Niẓām al‐Mulk】

1018‐92
イラン人の政治家。名は〈国の統治者〉を意味する。ホラーサーンのトゥースに近い町の地主の家に生まれる。初めガズナ朝のホラーサーン総督に仕え,次にセルジューク朝のチャグリー・ベクのもとに転じ,アルプ・アルスラーンマリク・シャーの2代のスルタンのワジール(宰相)となった。両スルタンの実質的なアター・ベク(養育者,後見人)でもあり,自らも私兵を擁し政治の実権を握って,行政組織,軍隊,イクターの整備などの改革を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニザーム・アルムルクの言及

【イクター】より

… 次のセルジューク朝(1038‐1194)も,建国当初からブワイフ朝のイクター制をほぼそのままの形で踏襲した。宰相ニザーム・アルムルクは,イクター保有権と行政権とが結びついたアミールの大イクターについても,軍事奉仕の義務を明確に定めて国家の統制を強化したが,12世紀以後になるとこれらのアミールは自らのイクターを世襲化し,独立化の傾向を強めていった。ザンギー朝(1127‐1222)をはじめとして各地に成立したアター・ベク政権はその典型である。…

【ハイダラーバード藩王国】より

…インドのデカン高原中央部に存した最大かつ最重要のムスリム藩王国。ムガル朝下のデカン長官ニザーム・アルムルクNiẓām‐ul‐Mulk(1671‐1748)が1724年に独立して創建。王は代々ニザームを称した。…

【マリク・シャー】より

…在位1072‐92年。カーブルド・ベクの反乱を鎮圧して一族内の地位を確立,宰相ニザーム・アルムルクの助けを得て,イクター制の整備,奴隷軍の再編成を行った。イスファハーン,バグダード,ホラーサーン諸都市に公共建造物,市壁を造り,東方ではカラ・ハーン朝,西方ではマルワーン朝,ビザンティン帝国より領土を奪って,同朝史上最大の版図を実現した。…

※「ニザーム・アルムルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニザーム・アルムルクの関連キーワードイマーム・アルハラマインハイダラーバード藩王国ラシード・アッディーンアルプ・アルスラーンニザーミーヤ学院マリク・シャーイスラム文化フィダーイーガザーリースンナ派ニザーム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニザーム・アルムルクの関連情報