コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケルクロム鋼 ニッケルクロムこうnickel-chromium steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッケルクロム鋼
ニッケルクロムこう
nickel-chromium steel

単にニッケルクロム鋼といえば構造用低合金鋼をさし,ステンレス鋼のような高合金鋼は含めない。ニッケル Niの効果は地鉄を強靭にし,焼入れ性を安定化することである。クロム Crは地鉄を硬くし,焼入れ性にも寄与するが効果は 1.0%を限度とするので,ニッケルで補うわけである。ニッケルは昔から「鉄の頓服剤」といわれたほどよい鋼成分で,クロムはさらにそれを助けるから,よい熱処理をすると引張り強さ 75~100 kg/mm2 に達する。通常の組成は炭素 0.33%程度の炭素鋼に Ni1~3.5%,Cr0.5~1.0%で,炭素 0.15%程度に下げた浸炭用鋼 (→肌焼鋼 ) もある。この鋼種の欠点は焼戻し脆性が現れることと,水素による白点の出現であるが,焼戻し脆性はクロム鋼と同様,モリブデン (0.15~0.35%) 添加で緩和することができる。ニッケルクロムモリブデン鋼は欠点の少い意味で構造用鋼としては最高級品種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニッケルクロム‐こう〔‐カウ〕【ニッケルクロム鋼】

ニッケルを1~5パーセント、クロムを0.5~3パーセント含む合金鋼。きわめて強靭(きょうじん)で、ボルト歯車などに使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニッケルクロムこう【ニッケルクロム鋼】

ニッケルとクロムを含有する鋼。ニッケル鋼より強靭きようじんで、焼き入れ硬化性が著しくよい。大型鍛鋼材・砲身・車軸・歯車などに利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッケルクロム鋼
にっけるくろむこう
nickel chromium steel

ニッケルを数%以下、クロムを約1%添加した機械構造用低合金鋼。車軸など強靭(きょうじん)性を要求される機械部材には焼入れ・焼戻しの熱処理が施されるが、厚肉の鋼は焼きが入りにくい。徐冷されても焼きが入るようにニッケルとクロムとが添加され、これによって炭素鋼丸棒の数倍太いものでも焼入れ硬化をさせられる。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニッケルクロム鋼の関連キーワード構造用合金鋼フェライトニッケル鋼ピッケル熱脆性強靭鋼冶金鉄帽砲身

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android