コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッパ椰子 ニッパヤシ

大辞林 第三版の解説

ニッパやし【ニッパ椰子】

ヤシ科の常緑低木。インド・太平洋諸島に広く分布。マングローブの林に近接して群生。幹はなく、泥土中をはう根茎から、長さ3~10メートルに達する羽状複葉を直立。果実は大形の集合果で、食用となる。柄を切って得る汁から砂糖・酒を造る。葉は屋根ふき材料とし、また、籠や帽子を編む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ニッパ椰子の関連キーワードマングローブ太平洋諸島羽状複葉集合果根茎分布直立果実群生

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android