コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュージーランド文学 ニュージーランドぶんがくNew Zealand literature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュージーランド文学
ニュージーランドぶんがく
New Zealand literature

ニュージーランドで創作された文学作品の総称。ヨーロッパ人が入植するおよそ 1000年も前からニュージーランドに住んでいたマオリ族は,他のポリネシア民族と同様に,戦争や嘆き,愛,祈りなどの歌や,詳細に構成された神話などの口承文芸をもっている。部族の集会所で身ぶり手ぶりを加えて語られるマオリの伝説は,過去と現代を結ぶかけ橋となっている。マオリ文化が次第に失われ,ついには消滅してしまうことを危惧した学者たちが,マオリ族の伝説をできるかぎり収集しようと努め,マオリ族の歌や詠唱はさまざまな型に分類され整理された。これらには嘆き,愛,よもやま話,求愛や賛美,童謡,出会いや別れの挨拶などの歌が含まれている。詠唱も同じように,変化に富んだ内容をもつ。マオリ族の作家たちが英語で作品を書きはじめた 1940年代から 70年代の間には,マオリ族の言語に詳しい作家はほとんどいなかったが,その後,自分たちもマオリ文化の一員であると認識した作家たちが,ニュージーランド文学史のなかにその地位を確立してきた。
ニュージーランド初の定住植民地は 1840年に築かれたが,現代では一般に 19世紀の作品は,海外在住のイギリス人の作品として,ニュージーランド文学の範疇には入れていない。独創性に欠けるものが多い初期の作品のなかで,M.A.バーカーの『ニュージーランドの牧場生活』 (1870) や,F.マニングの『昔のニュージーランド』 (1863) などの開拓生活を描いた自伝的物語は,当時の暮しをよく伝えている。最初のすぐれた作家である K.マンスフィールドは,生涯の大半を国外でおくったとはいえ,『幸福』 (1920) や『園遊会』 (22) などに収められた短編の多くは,幼年時代を過した理想郷ニュージーランドを舞台にして描かれている。彼女とほぼ同世代の作家には,J.マンダー,W.サッチェル,J.A.リー,R.ハイド,J.マルガンらがいる。最初のすぐれた詩人は,B.E.ボーガンで,続いて 1930年代には,A.R.D.フェアバーン,R.A.K.メーソン,A.カーナウ,D.グラバーらが登場した。 F.サージソンは3部作の自伝や小説で有名になり,30年代には短編も書きはじめた。 50年代になると,J.フレーム,S.アシュトンウォーナーなど,国際的に知られる作家が現れた。 M.シャッドボルト,M.ジー,B.ピアソン,D.バランタイン,R.H.モリスンらも注目に値する。多作の詩人 J.K.バクスターは,圧倒的な人気を得た。 20世紀後期の文学スタイルは世界的な流行を反映している。詩はシュルレアリスムモダニズムフェミニズムの特徴がみられ,演劇は B.メーソン,M.トンプソン,R.ホールらや,詩人 V.オサリバンによる戯曲で活況を呈している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone