コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆き/歎き ナゲキ

デジタル大辞泉の解説

なげき【嘆き/×歎き】

《「長息(ながいき)」の音変化》
深く悲しむこと。悲しみにひたること。「―に沈む」「―のあまり病に伏す」
ある物事に対して、悲しみ憤ること。「物価高にあえぐ国民の―」
思い通りにならなくて、ため息をつくこと。嘆息。
「―せば人知りぬべみ山川の激(たき)つ心を塞(せ)かへてあるかも」〈・一三八三〉
切に願うこと。嘆願。愁訴。
「お乗り物にすがって―を申し」〈浄・反魂香

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

嘆き/歎きの関連キーワードはかなくなる破鏡の嘆き思ひ結ぼる嘆き明かす黄なる涙北門の嘆母御息所悲憤慷慨益荒男子麦秀の嘆嘆き余る涙に沈むラメント嘆きの色嘆き死にグリーフ嘆き渡る侘び合ふ憂い事下交へ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android