コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆き/歎き ナゲキ

デジタル大辞泉の解説

なげき【嘆き/×歎き】

《「長息(ながいき)」の音変化》
深く悲しむこと。悲しみにひたること。「―に沈む」「―のあまり病に伏す」
ある物事に対して、悲しみ憤ること。「物価高にあえぐ国民の―」
思い通りにならなくて、ため息をつくこと。嘆息。
「―せば人知りぬべみ山川の激(たき)つ心を塞(せ)かへてあるかも」〈・一三八三〉
切に願うこと。嘆願。愁訴。
「お乗り物にすがって―を申し」〈浄・反魂香

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

嘆き/歎きの関連キーワードはかなくなる嘆き明かす思ひ結ぼる破鏡の嘆き母御息所北門の嘆嘆き死に嘆き渡る斎部広成涙に沈む侘び合ふ悲憤慷慨益荒男子黄なる涙グリーフ嘆き余る麦秀の嘆ラメント宣ばく愁嘆場