ニューミュージック

百科事典マイペディアの解説

ニューミュージック

1970年代前半から登場した日本のポピュラー音楽の一分野。それまでの歌謡界がマスコミを媒体とし,芸人としての歌手流行歌を生み出すプロダクション体制によって成立していたのに対し,アルバム作成やコンサート活動を中心とした活動で支持を得た。欧米の最新ポップスの流れを強く意識した楽曲で若者の感性に訴える〈新しい音楽〉として認識され,1980年代初頭,山下達郎松任谷由実らの活躍でピークを迎える。以後こうした音楽形態が完全に一般化し,1980年代以降ロック,ポップス,フォークなどのジャンル分化が定着,ニューミュージックの総称は意味を失いつつある。
→関連項目歌謡曲中島みゆきフォーク・ソング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ニュー‐ミュージック

〘名〙 (洋語new music) 一九七〇年代に日本のポップス界に現われた新しい傾向の音楽。フォークやロック系の歌手や演奏者による、主として自作自演のポップス。従来の歌謡曲に比べて新しい感覚の流行歌。
※唐獅子株式会社(1978)〈小林信彦〉唐獅子意識革命「ニュー・ミュージックの歌手や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android