コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューミュージック(英語表記)new music

百科事典マイペディアの解説

ニューミュージック

1970年代前半から登場した日本のポピュラー音楽の一分野。それまでの歌謡界がマスコミを媒体とし,芸人としての歌手が流行歌を生み出すプロダクション体制によって成立していたのに対し,アルバム作成やコンサート活動を中心とした活動で支持を得た。欧米の最新ポップスの流れを強く意識した楽曲で若者の感性に訴える〈新しい音楽〉として認識され,1980年代初頭,山下達郎,松任谷由実らの活躍でピークを迎える。以後こうした音楽形態が完全に一般化し,1980年代以降ロック,ポップス,フォークなどのジャンル分化が定着,ニューミュージックの総称は意味を失いつつある。
→関連項目歌謡曲中島みゆきフォーク・ソング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ニューミュージック

new+music〕
日本のポップス全般の呼称。1970年代前半のフォークソング-ブーム以降、擡頭してきたシンガー-ソングライターたちによって形成された音楽ジャンル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューミュージックの関連情報