コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニラ(韮) ニラAllium tuberosum; Chinese chive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニラ(韮)
ニラ
Allium tuberosum; Chinese chive

ユリ科の多年草。中国西部原産といわれ,日本でも古代から栽培され,山野に自生しているものも真の野生か野生化したものか明らかでない。パキスタンから日本までアジア温帯に広く分布する。鱗茎は小さくシュロの毛のような繊維で包まれ,基部に短い根茎がつく。葉は鱗茎に数個束生し線形で平たく鈍頭,長さ 20~30cm,全草に臭気がある。8~9月頃,30~50cmの花茎を立て,白色の小花を散形に多数つける。果実は扁球形で長さ約 5mm。種子は黒色で韮子 (きゅうし) と呼ばれ,漢方では泌尿器系疾患に用いる。花は塩漬に,葉はあえ物,いため物,味噌汁など食用として,特に中国料理に広く利用される。特有の臭気は硫化アリル類が主成分。英名 leekはニラの類をさすが,通常この名で呼ばれる野菜は近縁の別種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニラ【ニラ(韮) Allium tuberosum Rottl.】

ユリ科の宿根多年草。別名フタモジ,古名をミラ,コミラともいう。東部アジアの原産といわれ,東洋的な野菜で欧米での栽培はない。俗称を起陽草ともいうが,男性の精力を増進するところからの命名ともいう。中国,フィリピン,インド,インドネシア,台湾などに広く分布している。日本では900年ころから栽培され,かゆなどに入れて用いられてきた。鱗茎から生じた株は盛んに分げつし,多数の葉を生ずる。葉長20~30cm,葉身部は扁平で細長く葉肉は厚い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ニラ(韮)の関連キーワードユリ科