コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワホコリ ニワホコリ Eragrostis multicaulis; love grass

3件 の用語解説(ニワホコリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニワホコリ
ニワホコリ
Eragrostis multicaulis; love grass

イネ科の多年草アジアの温帯から熱帯に広く分布し,庭,たんぼ,路傍など,いたるところにみられる。元来アジア原産の種であるが,現在ではヨーロッパやアメリカ大陸にも帰化して全世界でごく普通の雑草になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニワホコリ

イネ科の一年草。アジア東部に分布し,ほぼ日本全土の畑地や半陰地に普通にはえる。茎は繊細で,高さ10〜30cm,葉は狭い線形となる。8〜10月に開花。花穂は狭楕円形で,長さ6〜10cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワホコリ
にわほこり / 庭埃
[学]Eragrostis multicaulis Steud.

イネ科の一年草。稈(かん)は繊細で株立ちし、高さ10~30センチメートル。8~10月、稈の先端に分枝の着点に毛のない円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長卵形で長さ2~3.5ミリメートル、幅1~1.5ミリメートル、小花が4~8個ある。護穎(ごえい)は長さ約1.5ミリメートル。庭先、日当りのよい場所に生え、日本全土、東アジア、中国、マレーシアに分布し、ヨーロッパ、北アメリカに帰化している。名は、庭などに普通にみられ、小穂が小さく埃(ほこり)を思わせることによる。近縁種に、花序の分枝の着点に白毛があり本種よりやや大きいオオニワホコリ、護穎が長さ1ミリメートルで繊毛があり、花序が5~10センチメートルのヌカカゼクサ、花序が20~60センチメートルと長いコゴメカゼクサがある。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニワホコリの言及

【カゼクサ】より

…温帯と暖帯に分布し,ヒマラヤ,中国から北海道を除く日本各地に見られる。カゼクサに似て小型のニワホコリE.multicaulis Steud.は北海道を含む日本全土にある雑草。 カゼクサ属Eragrostisは熱帯,亜熱帯に100種もある大きな属で,属名がギリシア語のeros(=love)とagrostis(=grass)であるので愛の草と訳される。…

※「ニワホコリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニワホコリの関連キーワードカタバミハンカイソウオーク鴨茅高麗芝カルカヤクサフジシラヤマギクネコノシタフェスク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone