コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンバ山厳正自然保護区 ニンバサンゲンセイシゼンホゴク

2件 の用語解説(ニンバ山厳正自然保護区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニンバさん‐げんせいしぜんほごく【ニンバ山厳正自然保護区】

Réserve naturelle intégrale du mont Nimbaギニアコートジボワールの両国にまたがる自然保護区。標高1752メートルのニンバ山一帯を対象とする。マホガニーなどの原始の森が広がり、この地に固有な生物が多く生息している。1981年にギニア領内が、翌1982年にはコートジボワール領内が世界遺産自然遺産)に登録されたが、鉱山開発やリベリアからの難民流入問題などから、1992年に危機遺産リストに登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ニンバさんげんせいしぜんほごく【ニンバ山厳正自然保護区】

1981年に登録、1982年に登録内容が変更された世界遺産(自然遺産)。ギニア、コートジボワール、リベリアの3国にまたがる、西アフリカ最高峰のニンバ山(標高1752m)を中心とした総面積350km2の自然保護区。保護区の大部分はマホガニーなど熱帯雨林が占め、貴重な地衣類、真菌類などの2000種以上の植物が分布しており、500種以上の動物が生息している。このうち、ネズミ科の哺乳類や珍しい昆虫など200種は固有種である。またニンバ山中にはチンパンジーの生息地があり、京都大学霊長類研究所がその行動や生態の調査・研究を行っている。ニンバ山には鉄鉱石の鉱脈があり、リベリア側から採掘のための開発が行われ、またリベリアからの難民がこの領域に多数流入して、自然環境に深刻な影響を与えていることから、1992年に危機遺産リストに登録された。◇英名はMount Nimba Strict Nature Reserve

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニンバ山厳正自然保護区の関連キーワードオリンピック国立公園アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉バムとその文化的景観フォントネーのシトー会修道院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone