コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンバ山厳正自然保護区 ニンバサンゲンセイシゼンホゴク

デジタル大辞泉の解説

ニンバさん‐げんせいしぜんほごく【ニンバ山厳正自然保護区】

Réserve naturelle intégrale du mont Nimbaギニアコートジボワールの両国にまたがる自然保護区。標高1752メートルのニンバ山一帯を対象とする。マホガニーなどの原始の森が広がり、この地に固有な生物が多く生息している。1981年にギニア領内が、翌1982年にはコートジボワール領内が世界遺産(自然遺産)に登録されたが、鉱山開発やリベリアからの難民流入問題などから、1992年に危機遺産リストに登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産詳解の解説

ニンバさんげんせいしぜんほごく【ニンバ山厳正自然保護区】

1981年に登録、1982年に登録内容が変更された世界遺産(自然遺産)。ギニア、コートジボワール、リベリアの3国にまたがる、西アフリカ最高峰のニンバ山(標高1752m)を中心とした総面積350km2の自然保護区。保護区の大部分はマホガニーなど熱帯雨林が占め、貴重な地衣類、真菌類などの2000種以上の植物が分布しており、500種以上の動物が生息している。このうち、ネズミ科の哺乳類や珍しい昆虫など200種は固有種である。またニンバ山中にはチンパンジーの生息地があり、京都大学霊長類研究所がその行動や生態の調査・研究を行っている。ニンバ山には鉄鉱石の鉱脈があり、リベリア側から採掘のための開発が行われ、またリベリアからの難民がこの領域に多数流入して、自然環境に深刻な影響を与えていることから、1992年に危機遺産リストに登録された。◇英名はMount Nimba Strict Nature Reserve

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

ニンバ山厳正自然保護区の関連キーワードスカンドラ自然保護区ツィンギデベマラ厳正自然保護区ルクベ自然保護区ロコベ自然保護区@niftyMicrosoft NetworkCompuServe自然科学バッテルビュフォン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android