コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌクレアーゼ nuclease

翻訳|nuclease

栄養・生化学辞典の解説

ヌクレアーゼ

 核酸を加水分解する反応を触媒する酵素の総称.RNAの分解を触媒する酵素をリボヌクレアーゼ,DNAの分解を触媒する酵素をデオキシリボヌクレアーゼという.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヌクレアーゼ【nuclease】

核酸をその構成単位のヌクレオチドに加水分解する酵素の総称。リボヌクレアーゼ・デオキシリボヌクレアーゼなど。広義には、ヌクレオチドやヌクレオシドの加水分解に関与する酵素も含む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌクレアーゼ
ぬくれあーぜ
nuclease

遺伝情報の担い手である生体内物質の核酸nucleic acidを分解する酵素の総称。核酸には大きく分けてRNAとDNAの2種類があり、これらを分解する酵素はそれぞれリボヌクレアーゼ(RNアーゼ、RNaseと略記)およびデオキシリボヌクレアーゼ(DNアーゼ、DNaseと略記)とよばれる。また、RNAとDNAの両方を分解する酵素もある。単にヌクレアーゼといえば、この両方に作用する酵素をさす場合が多い。さらに、RNAやDNAの構成単位であるヌクレオチドヌクレオシドに作用する酵素もヌクレアーゼのなかに入るが、これらはヌクレオチダーゼまたはヌクレオシダーゼとよばれ、特異性のないものが多い。これらヌクレアーゼのなかでとくに有名なのは、膵臓(すいぞう)のDNアーゼとRNアーゼであり、研究用試薬や医薬品として用いられる。DNAおよびRNAの両方を分解するヌクレアーゼとして有名なのは、ミクロコッカスとよばれる球菌のヌクレアーゼである。
 最近、遺伝子工学でよく用いられる制限酵素restriction enzymeもヌクレアーゼの一種で、DNAの塩基配列を認識し、その部位を特異的に切断する。[岡崎英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヌクレアーゼの関連キーワードスタイン(William Howard Stein)アルトマン(Sidney Altman)ムーア(Stanford Moore)RNA依存DNAポリメラーゼスーパーオキシドアニオンR.B. メリフィールドホスホジエステラーゼエキソヌクレアーゼムンプスウイルスパンクレアチンAlu反復配列アイソシゾマーアンフィンゼン加水分解酵素人工制限酵素酵素加水分解江上 不二夫核酸分解酵素TALEN江上不二夫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌクレアーゼの関連情報