コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌバ族 ヌバぞく Nuba

2件 の用語解説(ヌバ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌバ族
ヌバぞく
Nuba

スーダン南部,ヌバ丘陵地帯の住民の総称。言語,文化,形質的特性は多様であるが,一般に,ミレットトウモロコシ,綿花などを栽培する農耕民で,ウシ,ヒツジ,ヤギ,家禽なども飼養する。親族組織は,概して南部は母系的,その他の地域では父系的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヌバぞく【ヌバ族 Nuba】

アフリカ北東部,スーダン共和国中部のコルドファン地方に住み,コルドファン語派に属する諸言語を話す民族。コルドファン語派にはカトラ,コアリブ,タゲリ,タロディ,トゥムトゥムの五つの下位語群が含まれ,総人口は約50万といわれるが,文化的には互いにそれほど異なってはいない。生活地域はヌバ丘陵といわれる山がちな環境で,ナイル峡谷に沿った人の移動に伴う文化の変容の影響をあまり受けずに,独自の文化を保持してきている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌバ族の関連キーワードアザンデ族北アフリカスーダンバンガスーポートスーダン蘇丹ボンゴ山地カニエリンポポ[川]スーダン共和国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌバ族の関連情報