コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイサンズ ネイサンズ Nathans, Daniel

3件 の用語解説(ネイサンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイサンズ
ネイサンズ
Nathans, Daniel

[生]1928.10.30. アメリカデラウェアウィルミントン
[没]1999.11.16. アメリカ,メリーランドボルティモア
アメリカの微生物学者。デラウェア大学およびセントルイスワシントン大学で学び,国立癌研究所コロンビア・ブレスビー医療センターなどを経て,ロックフェラー大学客員研究員となった (1959~62) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネイサンズ

米国の分子生物学者。デラウェア大学卒。ロックフェラー大学のリップマンのもとでタンパク質の生合成について研究。1967年ジョンズ・ホプキンズ大学教授。1969年から腫瘍ウイルスSV40の研究を始め,その解析に制限酵素を利用,はじめて制限酵素地図の手法を分子遺伝学に導入した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイサンズ
ねいさんず
Daniel Nathans
(1928―1999)

アメリカの微生物学者。デラウェア州ウィルミントンに生まれる。デラウェア大学、ワシントン大学に学び、1954年博士号を取得した。ニューヨークのコロンビア・プレスビテリアン医療センター、国立衛生研究所NIH:National Institutes of Health)で医療に従事したあと、1959年にロックフェラー研究所(現、ロックフェラー大学)の客員所員となった。1962年ジョンズ・ホプキンズ大学の微生物学準教授、ついで1967年に教授となった。
 1960年代中ごろからウイルス性腫瘍(しゅよう)の発生メカニズムの研究を始めたが、ジョンズ・ホプキンズ大学の同僚H・O・スミスが制限酵素の分離に成功したことを知り、その制限酵素を研究に利用することにした。腫瘍ウイルスSV40のデオキシリボ核酸(DNA)を制限酵素によって11個の断片に分離し、次に断片の配列順序を決定し、遺伝子地図をつくることに成功した。この研究手法は分子遺伝学に大きな進歩をもたらし、遺伝子工学の基礎技術となった。この業績により、制限酵素の機能を解明したアルバー、およびスミスとともに1978年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネイサンズの関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン亜米利加アメリカ草遠いアメリカアメリカ アメリカアメリカを斬るパリのアメリカ人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネイサンズの関連情報