コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオ・ダダ ネオダダ

百科事典マイペディアの解説

ネオ・ダダ

1958年,ニューヨークのレオ・カステリ画廊で,ロバート・ラウシェンバーグ,ジャスパー・ジョーンズの個展が相次いで開催され,〈ダダの焼き直し〉という意味で最初は蔑称として用いられた。
→関連項目ヌーボー・レアリスムパイクミニマル・アート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオ・ダダ
ねおだだ
Neo-Dada

新しいダダイズムdadaismの意味。1960年前後にアメリカに現れた日常的なモチーフや卑近な物品を素材として作品をつくる傾向を、かつてのダダイズムになぞらえてジャーナリストがつけた通称である。ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズの初期の制作がこの通称の由来であるが、これに加えてジャンク・アート(廃物芸術)のスタンキビッチRichard Stankiewicz(1922―1983)やチェンバレンJohn Chemberlain(1927―2011)もこの風潮のもとに想起される。彼らの制作は、ヨーロッパのヌーボー・レアリスムと軌を一にする傾向をもっている。事実、両者は合同展を催しているし、1961年パリのJ画廊におけるヌーボー・レアリスム展には「ダダの上 40゜」のタイトルがつけられている。かつてのダダが芸術の白紙還元と日常化を要求して破壊と否定の運動を推進したのに対して、ネオ・ダダは現代の都市的現実を情感を交えずに呈示するのを特色としている。しかしその反芸術的な思考は、ポップ・アートからコンセプチュアル・アートに至る1960年代のさまざまな新しい美術思潮に投影している。[野村太郎]
『ハンス・リヒター著、針生一郎訳『ダダ――芸術と反芸術』(1987・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネオ・ダダの関連キーワードリヒター(Gerhard Richter)ジョーンズ(Jasper Johns)R. ラウシェンバーグジャスパー ジョーンズ読売アンデパンダン展アッサンブラージュ四つの顔のある標的ローゼンクイスト具体美術協会抽象表現主義篠原有司男菊畑茂久馬赤瀬川原平フルクサス吉村益信現代美術工藤哲巳安宅夏夫東野芳明概念芸術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android