コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクター ネクター nectar

翻訳|nectar

5件 の用語解説(ネクターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネクター(nectar)

ギリシャ神話で、神々の飲む不老長寿の赤色の酒。ネクタル。
果実をすりつぶして作った植物繊維入りの濃厚なジュース

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネクター

果実飲料の一種の商標名。果実を破砕して裏ごしした果実ピュレーを主原料とするもので,日本農林規格では果肉飲料と呼ぶ。ジュースよりも粘稠(ねんちゆう)でパルプ質が多く,炭酸ガスを含まない。モモ,セイヨウナシ,アンズオレンジなどのものが市販されている。なおネクターの名は,古代ギリシアの神々が飲んだという酒ネクタルnektarによっている。【小室 康】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネクター【nectar】

ギリシャ神話で、神々の飲み物。神酒。飲む者は不老不死になるという。ネクタル。霊酒。
果肉飲料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ネクター【nectar】


果実をすりつぶしたり裏ごししたり、これを煮詰めて濃縮したりして作ったピューレを用い、果汁、甘味料などを加えて作る、甘くてどろりとした濃厚な飲み物。◇日本に導入された当初は、社団法人日本果汁協会と大手メーカー数社で用いた登録商標で、使用には果肉の含有量などの自主規定があったが、日本農林規格(JAS)の変更などを経てこの語に関する国内の公的な規定はなくなった。ただし、国際的には、国連食糧農業機関FAO)と世界保健機関WHO)が合同で定めた食品規格コーデックス(CODEX)に「fruit nectar」に関する規格があり、各国に対し強制力はないが、日本国内の製品はおおむねこの規格を満たすものとなっている。◇ギリシア神話で、神々が飲み、また飲む者を不老不死にするとされる酒の名から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネクターの関連キーワード糝薯茶巾絞り梅肉マッシュレバーペーストコーンスープ果実ピューレーピューレー磨砕ピュレー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネクターの関連情報