コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッカチーフ ネッカチーフneckerchief

翻訳|neckerchief

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッカチーフ
neckerchief

首に巻く方形または帯状装飾用小布。 14世紀末期,頭ととをともに包むカバーチーフ (一種頭巾) から分化したもので,当初は,多く麻布でつくられ,女性用,子供用に限られた。 19世紀後半以後は正方形の小型スカーフもさすようになり,用布は,絹,合繊,薄手ウール,木綿などが使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネッカチーフ(neckerchief)

首の回りに巻く薄く柔らかい四角形の布。スカーフより小形のものをさすことが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネッカチーフ

首のまわりに巻く正方形の布。材料には絹,ウール,ナイロンなど薄くて柔らかな素材が使われ,柄は無地,チェック,プリント,縞(しま)など多種。女性のアクセサリーとして用いられる。
→関連項目襟巻

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ネッカチーフ【neckerchief】

婦人が首に巻いて装飾・保温などに用いる、薄手の方形の小さな布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッカチーフ
ねっかちーふ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネッカチーフの言及

【襟巻】より

…以来肩掛けは明治中期から防寒具として流行し,ねずみ色,えび茶,肌色などのネル地で上半身をくるむほどの大きさであった。今日では防寒,装飾など用途によって,また,大きさ,形などからショール,ストール,マフラー,スカーフ,ネッカチーフ,ボアなどがある。ショールは和装用として使われるものをいい,長方形が多い。…

※「ネッカチーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネッカチーフの関連キーワードクレープ・デシンマトリョーシカハンカチーフ少年先鋒隊カーチフ水兵服保温婦人康濯

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネッカチーフの関連情報