コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネディム ネディムNedim, Ahmet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネディム
Nedim, Ahmet

[生]1681. イスタンブール
[没]1730. イスタンブール
オスマン帝国の宮廷詩人。法官の子として生れ,マドラサで教育を受ける。大宰相イブラヒム・パシャの保護を受け,法官,マドラサ教授を歴任し,イスタンブールの生活をうたった抒情詩や,スルタンへの賛辞詩でチューリップ時代 (1718~30) と呼ばれるヨーロッパ文化受容期の代表的詩人となった。『詩集』 Divân (20) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネディム【Ahmet Nedim】

1681‐1730
オスマン朝のチューリップ時代を代表する宮廷詩人。アフメト3世の大宰相イブラヒム・パシャの庇護を受けて宮中に出入りし,裁判官,マドラサ教授,司書として仕えた。アラビア語・ペルシア語文献の翻訳のかたわら,スルタンへの頌詩や抒情詩をものし,とりわけ後者は酒・恋・美女の悦楽をたたえて民衆にも好まれ,その多くは歌曲として歌われた。スルタンの失政に対するパトロナ・ハリルの乱の渦中に没した。【小山 皓一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネディム
ねでぃむ
Ahmet Nedim
(1681?―1730)

オスマン帝国の宮廷詩人。イスタンブールに生まれる。メドレセ(イスラム高等教育機関)で学んで法官となったが、華やかな「チューリップ時代」(1718~30)を表現する詩人として名声を博した。大宰相イブラヒム・パシャbrahim Paa(?―1730)の庇護(ひご)を受け、多くの宴席で詩をつくった。その作風は難解な宮廷詩の技法を駆使した華麗さを誇り、当時のイスタンブールの生活をよく伝えている。後世『ネディム詩集』(1922)が編まれた。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネディムの関連キーワードトルコ文学

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android