コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール語 ネパールごNepali language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパール語
ネパールご
Nepali language

ネパールのブラーマン (ヒンドゥー教の司祭者階級。バウンともいう) とチェットリ (戦士の階級) の言語話し手は約 800万人。パハーリー語の一部をなし,カスクラ語,ゴルカリ語,パルバティア語ともいわれる。国土統一後は共通語としても使われている。なお,ネパールでは,ほかにチベット=ビルマ語系の言語も話されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネパール語【ネパールご】

インド・ヨーロッパ語族のインド語派に属する。18世紀にネパール王国を建設した,グルカゴルカ)勢力の言語。ネパールの公用語。母語とするものは約1000万人であるが,ネパール,シッキム等における各民族の共通語として広く行われる。デーバナーガリー文字梵字)で書写され,標準語はカトマンズ渓谷の方言である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネパールご【ネパール語 Napalese】

ネパール王国の国語。インド・ヨーロッパ語族のインド語派に属する。ネパールの全人口1800万の半数強の人々の母語,他の大多数の人々の第二言語であるほか,シッキムやブータン南部でも広く通用する。ネパール語がネパールの国語となったのは,シャハŚāh王朝による18世紀の国家統一以降であるが,それ以前にも,チベット・ビルマ語系の諸言語を母語とする人々が多く居住するカトマンズや東ネパールに浸透していた形跡がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネパールご【ネパール語】

インド-ヨーロッパ語族インド語派に属する言語。ネパール王国の公用語。サンスクリットやヒンディー語と同じくデーバナーガリー文字を使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネパール語の言及

【カトマンズ】より

…この重層性は都市形態面にも見られ,3~4階の煉瓦建ての家々が路地に面して連なるネワールの旧市街と,まわりの独立住宅の散在する新しい住宅地とが明瞭な対照をなす。また言語面ではバウン,チェトリの母語ネパール語Nepālī(インド・ヨーロッパ語系)を国語とするネパールの,首都の住民が全くそれと異なるチベット・ビルマ語系のネワール語Newārīを日常的に用いるという現象も現れている。【石井 溥】。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…とくに山地では〈山地の言葉〉を意味するパハーリー語が最も広く分布する。パハーリー語は西部,中部,東部に分かれ,西部パハーリー語はヒマーチャル・プラデーシュ州の諸言語,中部パハーリー語はガルワール・ヒマラヤの諸言語,東部パハーリー語はネパール語で,ネパールの国語となった。彼らの多くは,イスラムのインド亜大陸侵入によって,難を避けたラージプート(王族)の子孫を自称する。…

※「ネパール語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネパール語の関連キーワードガウリサンカール[山]インド・アーリア系諸語インド・ヨーロッパ語族ヒマル・チュリ[山]サガルマータ国立公園ネパールの王宮広場マチャプチャレ山サンスクリットネパールの要覧ヒンディー語インド諸言語サガルマータネパール人マガール族エベレスト黒木龍世ネワールペワ湖マガルパンダ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネパール語の関連情報