コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルダ Neruda, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルダ
Neruda, Jan

[生]1834.7.9. プラハ
[没]1891.8.22. プラハ
チェコの詩人,小説家,ジャーナリスト。文学は民主的,民族的な戦いに重要な意味をもつという立場から,すぐれた作品を発表した。人類の進歩をうたった詩集『宇宙の歌』 Písně kosmické (1878) や『バラードとロマンス』 Balady a romance (83) ,プラハの小地区の市民の生活を描いた短編集『小地区の物語』 Povídky malostranské (78) などがある。この短編集に感激したチリの詩人がパブロ・ネルダのペンネームを使っている。

ネルダ
Neruda, Pablo

[生]1904.7.12. パラル
[没]1973.9.23. サンチアゴ
チリの詩人。本名 NeftalíRicardo Reyes y Basoalto。少年時代からめざましい文学的才能を示し,『祭りの歌』 La canción de la fiesta (1921) などで認められた。 1927年から外交官生活に入り,領事として赴任したスペインでの内乱を契機に人間的連帯を説く政治詩人へと変貌。 45年共産党に入党,以来,地下生活,亡命と苦難の日々が続いた。 50年にメキシコで,アメリカ大陸の誕生から現在までの歴史をうたい上げた壮大な叙事詩『大いなる歌』 Canto generalを発表。 52年に帰国し,翌年レーニン平和賞を受賞。 71年にはノーベル文学賞を受けた。その他の詩集に『地上の住家』 Residencia en la tierra (33~47) ,『基本的なオード』 Odas elementales (54) ,『世界の果て』 Fin de mundo (69) ,『燃ゆる剣』 La espada encendida (70) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネルダ

チェコの作家。大学卒業後ジャーナリストとして民族解放のために活躍。社会を認識することが文学の任務だとして,プラハの下町を描いた短編小説集《小地区(マラー・ストラナ)の物語》《アラベスキ》などの傑作を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネルダ【Jan Neruda】

1834‐91
チェコの詩人,ジャーナリスト,短編作家。リアリズム詩の創始者で,文芸および美術評論家,コラムニスト。詩集《墓の花》(1858),《詩の本》(1868,73),《バラードとロマンス》(1883)のほか,短編小説集《小地区の物語》(1878)が有名で,この作品を読んでネルダの名をペンネームとしたのがチリの詩人パブロ・ネルーダである。ネルダは19世紀チェコ文学の出発点を築いたといわれている。【千野 栄一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネルダ
ねるだ
Jan Neruda
(1834―1891)

チェコスロバキアの小説家、詩人、劇作家。プラハの貧しい家に生まれ、努力して大学に進んだが、経済的な事情のため志を得ず、ドイツ語新聞の記者となった。1860年には新規発行のチェコ語新聞に移り、ジャーナリストとして活躍した。作品の多くはフェイェトン(新聞用小品)の形で発表され、2000編以上も残されている。芸術・演劇批評や旅行記にも健筆を振るった。とくに散文では、プラハのチェコ語の会話体を反映させた文体で小市民の日常生活を記録し、民族精神を喚起し、国民文学としてのリアリズムへの道を開いた。短編集としては『アラベスク』(1864)、『さまざまな人びと』(1871)があるが、代表作は『小地区の物語』(1878)で、彼の生まれ育った町を舞台とする人生模様が印象的に描かれている。この作品の翻訳がチリの詩人ネルーダを感激させ、その筆名を選ばせたという。彼の戯曲のうち上演された劇は『売られた愛』(1859)、『フランチェスカ・ディ・リミニ』(1860)など。詩人としても一流であり、『墓場の花』(1858)、『宇宙の歌』(1878)、『バラードとロマンス』(1883)、死後出版の『金曜日の歌』(1896)などの詩集がある。[飯島 周]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネルダの言及

【チェコスロバキア】より

…1918年から92年まで続いた中欧の共和国。国名通称はチェコ語,スロバキア語ともČeskoslovensko。1920‐38年,1945‐60年の正式国名は〈チェコスロバキア共和国Českoslovká republika〉。1948年以後は社会主義体制をとり,60年からの正式国名は〈チェコスロバキア社会主義共和国Československá Socialistická republika〉。1969年よりチェコ社会主義共和国とスロバキア社会主義共和国の連邦制に移行したが,89年の〈東欧革命〉の進行過程で両共和国で連邦制の見直しが図られ,正式国名を〈チェコおよびスロバキア連邦共和国Česká a Slovenská Federativní Republika〉に変更した。…

※「ネルダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネルダの関連キーワードトンネルダイオードラテンアメリカ文学エサキダイオードパブロ ネルーダオザークス人造湖共鳴トンネル効果江崎ダイオードオーセージ川ヒ化ガリウム化合物半導体チャペック江崎玲於奈7月9日負性抵抗能動素子pn接合袁水拍DC

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android