コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネンジュモ(念珠藻) ネンジュモNostoc

翻訳|Nostoc

1件 の用語解説(ネンジュモ(念珠藻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネンジュモ【ネンジュモ(念珠藻) Nostoc】

糸状ラン藻の1属で,細胞糸は異型細胞をもち,連鎖体やアキネート(休眠胞子)をつくるなど,アナベナAnabaenaやキリンドロカルプス属Cylindrocarpusなどに似るが,細胞糸が共通の寒天状の基質の中に埋在して群体をつくることで区別される。種類数が多く,生育場所も山間の渓流,小川,温泉および庭先などいろいろである。食用となる種類も少なくなく,代表的なものに,加茂川苔(のり)や姉川くらげの俗称で呼ばれるカワタケN.verrucosum (L.) Vauch.,およびイシクラゲN.commune Vauch.,さらに中華料理で珍重されるハッサイ(髪菜)N.commune Vauch.var.flagelliforme (Berk.et Curt.) Born.et Flah.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone