コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネンジュモ(念珠藻) ネンジュモ Nostoc

翻訳|Nostoc

1件 の用語解説(ネンジュモ(念珠藻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネンジュモ【ネンジュモ(念珠藻) Nostoc】

糸状ラン藻の1属で,細胞糸は異型細胞をもち,連鎖体やアキネート(休眠胞子)をつくるなど,アナベナAnabaenaやキリンドロカルプス属Cylindrocarpusなどに似るが,細胞糸が共通の寒天状の基質の中に埋在して群体をつくることで区別される。種類数が多く,生育場所も山間の渓流,小川,温泉および庭先などいろいろである。食用となる種類も少なくなく,代表的なものに,加茂川苔(のり)や姉川くらげの俗称で呼ばれるカワタケN.verrucosum (L.) Vauch.,およびイシクラゲN.commune Vauch.,さらに中華料理で珍重されるハッサイ(髪菜)N.commune Vauch.var.flagelliforme (Berk.et Curt.) Born.et Flah.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネンジュモ(念珠藻)の関連キーワード刺細胞真核細胞肝細胞骨形成細胞細胞外液サテライト細胞神経節膠細胞体細胞雑種胚幹細胞卵祖細胞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone