コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコギリザメ ノコギリザメ Pristiophorus japonicus

4件 の用語解説(ノコギリザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノコギリザメ
ノコギリザメ
Pristiophorus japonicus

ノコギリザメ目ノコギリザメ科の海水魚。全長 1.5m。体はやや細長く,腹面は扁平。吻は長く突き出て,その両側に鋭いとげが鋸状に出ている。吻の中央下面に 1対の長いひげがある。体は黄褐色で,腹面は淡い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノコギリザメ

ノコギリザメ科の魚。地方名ダイギリ,ノコブカなど。全長1.5mになり,長い鋸(のこぎり)状の吻(ふん)を特徴とし,体色は灰褐色。北海道東シナ海に分布する。卵胎生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノコギリザメ【saw shark】

ノコギリザメ目ノコギリザメ科の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。和名,英名とも長い口先の両側に鋭いとげが不規則に並ぶことに由来する。全世界の熱帯から温帯にかけて2属5種が分布する。多くは鰓孔(えらあな)が5対しかないが,南アフリカには6対もつ種類がいる。 日本近海には北海道から南日本にかけての浅海にノコギリザメPristiophorus japonicusが分布する。別名ノコブカ。これは全長1.5mになり,長い口先に大小さまざまなとげが並び,口先の下面に1対のひげがあるのが著しい特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノコギリザメ
のこぎりざめ / 鋸鮫
saw shark
[学]Pristiophorus japonicus

軟骨魚綱サメ目ノコギリザメ科に属する海水魚。北海道から南日本に分布する。名のように吻(ふん)が長く突出し、その両側に小刀状に肥大した楯鱗(じゅんりん)が一列に並び、全体に鋸状を呈する。英名も「ノコギリザメ」である。鋸状の吻の中央部付近の両側に1対の長いひげがあり、これで底の餌(えさ)を探し当て、鋸状の吻で掘り起こすという。
 ノコギリザメ類は世界に2属6種が知られている。このうち、南アフリカの1属Pliotremaは鰓孔(さいこう)が6対あることできわめて特異的である。ほかの5種はすべて5対の鰓孔をもつ。また、ノコギリザメ類は太平洋に多く、大西洋では1種がバハマ諸島付近から知られているだけである。ノコギリエイ属Pristisは、一見ノコギリザメとよく似ているが、鰓孔が体の腹面にあるエイの仲間である。また、ノコギリエイは全長8メートルになるものもいるが、ノコギリザメはせいぜい1.5メートル程度にしかならない。卵胎生で子を産む。肉は臭みがなく、練り製品の原料などに利用される。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノコギリザメの関連キーワードホホジロザメ藍鮫帯鋸金鋸機械鋸鋸鮫ホシザメメジロザメ(目白鮫)ヨシキリザメ(葭切鮫)鋸崎台場跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノコギリザメの関連情報