コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコギリザメ Pristiophorus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノコギリザメ
Pristiophorus japonicus

ノコギリザメ目ノコギリザメ科の海水魚。全長 1.5m。体はやや細長く,腹面は扁平。は長く突き出て,その両側に鋭いとげが鋸状に出ている。吻の中央下面に 1対の長いひげがある。体は黄褐色で,腹面は淡い。鰓孔は 5対で体側に開く。底生性(→底魚)。北海道から台湾の沿岸に分布し,南日本に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノコギリザメ

ノコギリザメ科の魚。地方名ダイギリ,ノコブカなど。全長1.5mになり,長い鋸(のこぎり)状の吻(ふん)を特徴とし,体色灰褐色。北海道〜東シナ海に分布する。卵胎生

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノコギリザメ【saw shark】

ノコギリザメ目ノコギリザメ科の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。和名,英名とも長い口先の両側に鋭いとげが不規則に並ぶことに由来する。全世界の熱帯から温帯にかけて2属5種が分布する。多くは鰓孔(えらあな)が5対しかないが,南アフリカには6対もつ種類がいる。 日本近海には北海道から南日本にかけての浅海にノコギリザメPristiophorus japonicusが分布する。別名ノコブカ。これは全長1.5mになり,長い口先に大小さまざまなとげが並び,口先の下面に1対のひげがあるのが著しい特徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノコギリザメ
のこぎりざめ / 鋸鮫
saw shark
[学]Pristiophorus japonicus

軟骨魚綱サメ目ノコギリザメ科に属する海水魚。北海道から南日本に分布する。名のように吻(ふん)が長く突出し、その両側に小刀状に肥大した楯鱗(じゅんりん)が一列に並び、全体に鋸状を呈する。英名も「ノコギリザメ」である。鋸状の吻の中央部付近の両側に1対の長いひげがあり、これで底の餌(えさ)を探し当て、鋸状の吻で掘り起こすという。
 ノコギリザメ類は世界に2属6種が知られている。このうち、南アフリカの1属Pliotremaは鰓孔(さいこう)が6対あることできわめて特異的である。ほかの5種はすべて5対の鰓孔をもつ。また、ノコギリザメ類は太平洋に多く、大西洋では1種がバハマ諸島付近から知られているだけである。ノコギリエイ属Pristisは、一見ノコギリザメとよく似ているが、鰓孔が体の腹面にあるエイの仲間である。また、ノコギリエイは全長8メートルになるものもいるが、ノコギリザメはせいぜい1.5メートル程度にしかならない。卵胎生で子を産む。肉は臭みがなく、練り製品の原料などに利用される。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノコギリザメの関連キーワードマルペロの動植物保護区マルペロ島板鰓類胎生魚台切鮫鋸鮫鋸鱶

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android