コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟/乙 オト

デジタル大辞泉の解説

おと【弟/乙】

[名]
上代、男女の別なく、兄弟または姉妹の関係にある者のうち年少の者。おとうと。また、いもうと。⇔兄(え)
「其の―木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)を留めて」〈・上〉
末の子。おとご。
「姉が手を引き、―は抱く」〈浄・油地獄
狂言面の一。不器量な若い女の面。乙御前(おとごぜ)。おたふく。おかめ。
[接頭]名詞に付いて、
年下の、年が若い、末の、などの意を表す。「―おじ(弟叔父)」「―ご(弟子)」
年若く美しい意を表す。「―たなばた(弟棚機)」「―たちばなひめ(弟橘媛)」

おと‐うと【弟】

《「おとひと(弟人)」の音変化》
きょうだいのうち、年下の男。⇔
《「義弟」とも書く》夫や妻の弟。また、妹の夫。義弟(ぎてい)。
古く、性別に関係なく、年下のきょうだいを呼んだ語。→弟(おと)1
「妻(め)の―をもて侍りける人に」〈古今・雑上・詞書〉
[補説]作品名別項。→おとうと

おと‐と【弟】

《「おとうと」の音変化》おとうと。古くは、同性のきょうだいの年下の者。
「いや―などを有(も)っていると、随分厄介なものですよ」〈漱石
「姉―(=妹)の中につとまとはれて」〈更級

おと‐ひと【弟】

おとうと。
「行(わざ)友(このかみ)―に闕(か)けり」〈雄略紀〉

だい【弟/提】[漢字項目]

〈弟〉⇒てい
〈提〉⇒てい

で【弟】[漢字項目]

てい

てい【弟】

年下の兄弟。おとうと。「兄(けい)たり難くたり難し」⇔兄(けい)
師について教えをうける者。門人。門弟。弟子。
「師は若く、―は幼く」〈蘆花思出の記

てい【弟】[漢字項目]

[音]テイ(漢) ダイ(呉) (慣) [訓]おとうと おと
学習漢字]2年
〈テイ〉
おとうと。「弟妹義弟兄弟子弟実弟舎弟従弟末弟令弟
門人。「高弟師弟徒弟門弟
自分を謙遜(けんそん)していう語。「小弟
〈ダイ〉おとうと。「兄弟
〈デ〉門人。「弟子
[名のり]くに・ちか・つぎ・ふと
[難読]従兄弟(いとこ)弟姫(おとひめ)再従兄弟(はとこ)

おとうと[作品名]

(おとうと)幸田文の小説。昭和32年(1957)刊。17歳の女学生とその3歳下の弟の絆を描く。
(おとうと)市川崑監督による映画の題名。昭和35年(1960)公開。を原作とし、脚色は水木洋子。第34回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。第11回ブルーリボン賞作品賞受賞。
(おとうと)山根成之監督による映画の題名。昭和51年(1976)公開。のリメーク。
(おとうと)山田洋次監督による映画の題名。平成22年(2010)公開。ストーリーは異なるが、作中にへのオマージュが見られる。
(弟)《原題、〈ドイツ〉Der jüngere Bruder》ドイツの小説家、ノサック長編小説。1958年刊行。
(弟)石原慎太郎の長編小説。平成8年(1996)刊行。自身の弟で俳優の石原裕次郎の生涯を描いたもの。平成16年(2004)テレビドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとうと【弟】

〔「おとひと」の転〕
同じ親から生まれた年下の男。 ↔
妹の夫。あるいは妻や夫の弟。義弟。
男女にかかわらず、年下のきょうだい。 「妻の-(=妻ノ妹)を持ちて侍りける人に/古今 雑上詞

おとと【弟】

〔「おとうと」の転〕
きょうだいの中で年少の者。古くは、おとうとにもいもうとにも用いた。 「上東門院の御-内侍のかみとて/愚管 6

おとひと【弟】

おとうと。 「このかみ-闕けり/日本書紀 雄略訓

てい【弟】

おとうと。 ↔ けい 「兄たりがたく-たりがたし」
師について教えを受ける人。 「師は若く、-は幼く/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弟/乙の関連キーワードアルカン, ナポレオンロイ・O. ディズニーベビーブラザーシットウェル安寿・厨子王安寿と厨子王時鳥と兄弟ウォルシュ上東門院箸向かふ小林又三難兄難弟再従兄弟大谷瑩韻水木洋子安寿姫順養子弟磯城橘媛喜助

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android