コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビ・サド ノビサド

2件 の用語解説(ノビ・サドの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノビ・サド

セルビア北部,ボイボディナ自治州の州都。ドナウ川左岸の河港市。鉄道・道路の結節点で,農産物・家畜の集散地。機械・化学・繊維・食品加工などの工業が行われる。17世紀にトルコの支配から逃れたセルビア人によって創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビ・サド
のびさど
Novi Sad

セルビア共和国北部、ボイボディナ自治州の州都。ドイツ語ノイザッツNeusatz。ハンガリー語ウーイビデークUjvidek。ドナウ川左岸に位置し、同自治州の行政、経済、文化の中心地。人口26万6176(2001推計)。セルビア人、ハンガリー人が多数を占めるが、ほかにクロアチア人スロバキア人ルーマニア人など多民族が混在し、独特の雰囲気を醸し出している。1694年、オーストリア軍が対岸のペトロバラジン城に舟橋を架けたとき、ここに橋頭堡(きょうとうほ)を築いたのが町の起源。近くにトルコ軍の難を逃れて住み着いたセルビア人の町が急速に発展した。19世紀にはブルジョアジー社会も発達し、ようやく誕生したセルビア公国へ優秀な人材を提供している。とくに1826年ブダペストで設立されたセルビア人の文化協会マティツァ・スルプスカMatica Srpskaが64年この地へ移されてからは、出版、学芸、美術の分野で積極的な活動を行い、「セルビアのアテネ」と称(たた)えられた。協会は現在も良書を続刊しており、付属図書館、美術館は一見の価値がある。セルビア正教会の主教座が置かれ、教会内には貴重なイコノスタシス(聖障、聖柵(せいさく)とよばれるイコンを掛ける仕切り)が保存されている。ほかに1954年創立の総合大学、博物館、ラジオ・テレビ局、各種専門学校、ハンガリー学研究所、セルビア語やハンガリー語の劇場などがある。造船、農業機械、自動車およびオートバイ部品、工作機具、歯科医療機具、織物、化学、精油、化粧品、製靴、食品、家具関連など多くの産業がある。穀物地帯として繁栄したため例年の農業・食品産業国際見本市や狩猟具・釣具見本市でも知られる。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノビ・サドの関連キーワードインディアナポリスオルビアディナールトレント州都延辺コバチツァドッビアーコノビサドフルシュカゴラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノビ・サドの関連情報