コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルディックウオーキング ノルディックウオーキング Nordic walking

2件 の用語解説(ノルディックウオーキングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノルディック‐ウオーキング(Nordic walking)

ウオーキングの一。2本のストック(つえ)を両手に持って地面を突きながら、やや大またに歩く。クロスカントリースキーの選手が夏季のトレーニングとして行うほか、健康維持やリハビリなどにも利用される。ノルディックウオーク。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノルディックウオーキング

全日本ノルディック・ウォーク連盟によると、1930年代に北欧のクロスカントリー選手の夏場のトレーニングとして始まり、近年は一般向けの健康づくりとして国内でも広まりつつある。ポールと両足の4点で支えるため足腰の負担が和らぎ、3点で支える杖の歩行よりも安定性がある。両腕を大きく動かすため消費カロリーは普通に歩くよりも約20%高いという。

(2014-02-27 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルディックウオーキングの関連キーワードノルディックノルディック種目ノルディックセーターノルディックファッションノルディックウオークウォークマンドックコンポMDウォークマンCDウォークマンフリーウォークノルディック・スピッツ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノルディックウオーキングの関連情報