コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノースウェスト・テリトリーズ ノースウェストテリトリーズ

2件 の用語解説(ノースウェスト・テリトリーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノースウェスト・テリトリーズ

カナダ北部を占める政府直轄領。全体に丘陵性の低平な台地で,氷食を受け,氷河湖が多い。南部の一部は森林をなすが,大部分は不毛のツンドラ。北は北極圏の島々を含む。ウラン,石油,金鉱などの鉱業と原住民の毛皮獣の捕獲が主産業。
→関連項目アメリカ・インディアンカナダヌナブトビクトリア[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノースウェスト・テリトリーズ
のーすうぇすとてりとりーず
Northwest Territories

カナダ領の北緯60度以北で、ハドソン湾ユーコン・テリトリー間の地域および北極海諸島からなる。連邦政府の管轄下にある特別行政区で、ノースウェスト準州ともいう。面積114万1108.37平方キロメートルはカナダ総面積の13%を占める。人口3万7360(2001)。州都はイエローナイフ。住民の3分の1がイヌイット、5分の1がインディアンで、白人はおもにマッケンジー川流域に居住している。現境界は1912年に設定され、31年に大陸部分の西経102度以西のマッケンジー区、以東でブーシア、メルビルの両半島を除いたキーウェーティン地区、両半島と島嶼(とうしょ)からなるフランクリン区が設定された。ユーコン・テリトリーとの境界付近は低平で、排水不良のため湿地や湖沼が多く、大部分が森林限界以北にあるため、永久凍土が広がる不毛の地。狩猟と漁業が先住民の主産業であるほか、近年、亜鉛、金、鉛などの有望な地下資源の発見が相次ぎ、生産高の85%を占める鉱業が経済の支柱である。最近は沿岸地域の石油、天然ガスの開発が急速に進んでいる。1999年4月1日、ノースウェスト・テリトリーズの東部を分離してイヌイットの自治体ヌナブート・テリトリー(準州)が創設された。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノースウェスト・テリトリーズの関連キーワード高山笹森丘陵宗谷丘陵ツンドラ味を占める座を占める地歩を占めるカナダ・エスキモー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone