ノートルダムドパリ(英語表記)〈フランス〉Notre-Dame de Paris

大辞林 第三版の解説

ノートルダムドパリ【Notre-Dame de Paris】

ユゴーの長編小説。1831年刊。一五世紀のパリのノートルダム寺院を舞台に、鐘つき男カジモドとジプシー女エスメラルダの悲恋を描く。ノートルダムのせむし男。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ノートルダム‐ド‐パリ

[一] (Notre-Dame de Paris) パリのセーヌ川のシテ島にあるキリスト教寺院。創建は五世紀にさかのぼるとされ、現存の建物は一一六三年に着工、一一八二年(内陣部)から一二三五年(塔)にかけて完成。その後も付帯工事が行なわれ、一四世紀初期に脇祭室が増設された。フランス初期のゴシック建築の代表作。ノートルダム大聖堂。ノートルダム。
[二] (原題Notre-Dame de Paris) 長編小説。ユゴー作。一八三一年発表。ジプシー(ロマ)の娘エスメラルダをめぐるノートルダム寺院の副司教と鐘つき男の愛欲の確執がもたらす、悲劇的運命を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノートルダムドパリの関連情報